プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

小学校5年生が準備期間1ヶ月で英検準2級の1次試験に合格しました

f:id:classroom-sapporo:20170605222339j:plain


当塾の小学校5年生(男子に国語と社会を教えていたのですが、1ヶ月前に英検を受けることになったので指導してほしいという依頼があり、お引き受けすることにしました。果たして間に合うのか、そもそも小5で合格できるのか、不安がありましたが見事に合格しました。

生徒の背景

先述のように普段は国語と社会を指導するのみで、他の教科は他の塾で指導を受けています。英語に関しては、小学生英語を小1から習っています。準2級に挑戦する、ということですから、3級は取得していました。

英語の実力

最初の指導日に、家で解いてみたという過去問2回分の結果を見せてもらいましたが、50-55%くらいの出来でした。読み取りやすいときと読み取りにくいときがあるようでした。単語力が不安定なんですね。

3級を持っていると言っても、基礎は全然できていない、との親御さんの話があったので、実力を確かめようと一緒に過去問を分析しましたが、「現在進行形」「完了形」や「不定詞」などの文法理解はおろか、その用語すら知らず、少し驚きでした。

小学生英語では全くの基礎しか習っていないようです。英語のレベルは中学校1年生レベル、という感じでした。

戦略・作戦

さてどうしたら良いものか、と考えましたが、中学校の基礎から教えていく時間はないので、文法の説明はほどほどに、とにかく英検のテストの形式に特化した作戦を立てました。英語を理解することを目指すのではなく、英検の合格のみを目指し、パターンに慣れることを目指すわけです。

といってもなにが特別な作戦を立てたわけではありません。旺文社の参考書を忠実に使っただけです。ただ、この「忠実に」というところがポイントです。

まず「DAILY20日間 英検準2級 集中ゼミ」という問題集をやり遂げることにしました。文法説明はそこそこにして、問題演習に徹しました。また、単語や熟語はその問題集に出てくる単語で単語カードを作り、覚えるようにしました。リスニングも付属CDを活用しました。英作文対策もこの本の指示通りに練習しました。旺文社の本は英検の問題や解き方の戦略を教えてくれていますので、これを実際の試験でも適用できるよう訓練した、という感じです。

手を広げることなくこの本と心中するつもりで、この本の言うとおりにやりました。すべてを2回繰り返したかったのですが、2回目は単元をセレクトして進めました。

単語力に不安がある子だったので、「でる順パス単」を使いたかったのですが、時間がなかったので、それはあきらめて「集中ゼミ」の単語にしぼりました。

最後の1週間は過去問を3回分を2回ほど繰り返し、パターンを体に染み込ませました

結果

 英検CSEスコア

Reading:438(正答率54%)  Listening: 439(正答率57%) 

Writing: 523(正答率88%)  1次合計:1400

合格基準1322でしたので、少し余裕があったように見えますが、実際はReadingとListeningは合格者平均を下回っていまして、Writingの思いがけない高得点で逆転勝利、という感じです。でもそれは「集中ゼミ」で書き方をしっかりと訓練した成果だと思います。

このたびの指導の感想

Writingで高得点を上げる、ということは全く予想してなかったので、そこは驚きました。しかし考えてみると、英作文はこなれた文よりも、やさしい文法で慣れた単語を使って文章を作り上げていくので、乏しい単語力でもなんとかなるのかもしれません。

それでもやはり単語力の大切さがわかりましたし、単語力があればなんでも易しく感じます。逆に単語力がないと、簡単な文法説明も難しく感じてきます

このたびはテクニック的な面を指導して合格しました。が、英語の技量はまだまだです準2級合格自体はすばらしいことです。並大抵ではできないことです。ですが真の英語力があるとはまだまだ言えません。この生徒には、改めて英語をじっくり学んでほしいなと思っています。

きれいなノートはいつ作るのか

f:id:classroom-sapporo:20181002202440j:plain

〇〇大学に受かった学生さんのノートはきれいだ、とか、成績の上がるノートのとり方、とか、この手のトピックは人気があります。社会人にも受けがいいですね。ですが、ノートがきれいだけでは成績が上がらないのも事実。

ノートはいつ作るのか

テスト直前にノート作りを始めてしまう人がいます。「悪いこと」ではありませんが、「遅いこと」ではあります。きれいなノートにこだわるのは「普段」の話です。テスト前はそのきれいなノートを使って、頭にしっかりと内容を叩き込まなければなりません。学校のノート検査ではいい評価をもらえるでしょうが、作ることで満足しては片手落ちです。目的を逸しています。

なぜきれいなノートを作るのか

いろいろな考えがあると思いますが、わたしは「記憶の負担の軽減」にその目的があると思います。色使いや箇条書きの用い方、など、様々な提案がありますが、結局のところ頭に残りやすい方法が良い方法、ということになります。

ということは、ノートを記憶のために用いなければ、なんのためのノートなの?ということになります。きれいなノートを作ったならば、見返さなければ意味がありません。

ノートのとり方を教えますか

最近わたしはノートのとり方を教えていません。それは、街の本屋さんに並んでいる本に任せることにしました。こだわりは捨てました。

というのは、私自身かつてはノートのとり方や美しさにこだわった人間だったのですが、成績向上に一番役立ったのは、必死に書きなぐったり、何度も読んだり、聞いたり、泥臭い必死な勉強だった、と思うからです。ある程度のきれいにまとめたら、あとはガンガン繰り返して書き、読み、問題を解いたのです。スマートではないですが、これが一番でした。

カラフルでも、地味でも、余白があろうがなかろうが、その子にとってある程度の読みやすさ、見やすさがあれば十分です。

もちろん塾の生徒たちにも、学校ではきれいなノートを作って欲しいとは思いますが、こだわりはない、ということです。

2学期はテストだらけ

2学期は定期テストが2回、学力テストが3年生は3回、1,2年生でも1,2回あります。忙しいですが、だからこそノート作りだけでなく、記憶に定着させる作業もしっかりとやって実践力を培うことを忘れないでほしいですね。

テストでは、問題を解くのですから。

 

小学生が中学入学前までに最低限勉強しておくべきこと

f:id:classroom-sapporo:20180817103457j:plain

小学6年生の9月頃から「中学準備講座」と題する授業を開催する塾があります。塾によって内容は様々です。先取りしたり、復習したり、いろいろありますね。

これまで中学生を指導してきて、小学生の間にこれだけはできていてほしい、と感じることがあります。

中学入学前に復習しておきたい10のこと

1.漢字は完璧に

小学校で習う漢字は1006文字ありますが、すべて読み書きできるようになっていてほしいです。漢検で級を取ることは求めませんが、小学校の漢字をマスターするために利用しても良いと思います。とにかく、読み書きできれば良いのです。

北海道の公立高校入試の場合、漢字の「読み」は中学範囲から出題されますが、「書き」は小学範囲からです。小学漢字は一生懸命にやる価値が大いにありますよね。

漢字が得意になると、語彙が豊富になります。語彙が豊富になると、読解が楽になります。読解が楽になると、各教科の教科書が読みやすくなったり、先生の話を理解しやすくなったりします。

2.分数と小数の計算は迷いなく

小学5年生と6年生の算数で、分数と小数が一気に難しくなりますが、計算を確実にできるようになってください。もちろん応用問題もできてほしいですが、最低限計算が迷いなくできるようになれば、中学校に入ってからもついていきやすいです。逆に、これができていないと中学最初から思いっきりつまずきます。

分数の計算では、通分、約分や最大公約数、最小公倍数の理解が必要ですが、それらも使いこなせる必要があります。帯分数を仮分数に直すことも必要ですね。

小数なら、小数×小数の計算や小数÷小数の計算で、小数点を正しく打てなければなりませんね。

3.単位あたりの量の概念を理解

一人あたり〇〇円、1メートルあたり〇〇グラム、という概念や求め方を理解しておきましょう。

というのは、これは速さの計算や理科の密度の計算、地理の人口密度の計算につながるからです。理科の計算問題に苦手意識を持つ子は少なくないのですが、実は計算は小学校レベルです。

4.割合と百分率の計算ができる

これは数学はもちろんのこと、理科にも関係してきます。数学の1次方程式や連立方程式の応用、理科の湿度の計算はこの単元の理解が必須です。3の単位あたりの量の概念と合わせて確実に理解しておきたいところです。

5.47都道府県の名前と位置と県庁所在地を覚える

受験に有利だからではなく、常識として覚えてください。地図をリビングやトイレに貼っておけば自然に覚えられます。ニュース番組や天気予報を見るたびに確認するのも良いでしょう。とにかく、常識として。

同時に目立つ河川や湖、山、海流、島なども覚えられると良いですね。厳密な位置が覚えられなくても構いません。「見覚えあるな」「たしかこのあたり…」「きいたことあるな」というレベルでもOKです。

6.世界の主要国とその首都を知っている

5と同じく、常識として覚えてほしいです。これも地図を貼っておいて自然に覚えましょう。これも、河川、湖、山、海流、島などが覚えられたら、ベストです。

7.アルファベットと簡単な英語のあいさつ

小学校英語が本格的に始まり、今後小学生がどの程度まで英語を理解して中学に上がるのか楽しみですが、とりあえず今の段階で言えるのは、アルファベットと簡単なあいさつが聞き取れて、書ければ、中学についていけるでしょう。

色の名前、月の名前、季節、数字等も習いますが、これらは中学でも改めて習います。聞き覚えがある、一回覚えたが忘れた、でも構わないと思います。ようは、英語に慣れていていほしい、ということです。

8.聖徳太子から明治維新までの歴史の流れをざっと

詳しい知識は不要です。時代の名前を最初から言える、おもな人物を言える、おもな戦乱を言える、くらいで構いません。NHK大河ドラマを見て「この話、聞いたことある」「この人、聞いたことある」くらいに思えれば良いのです。

文化の知識は不要ですね。それは中学でしっかり勉強しましょう。縄文や弥生は小学校はなぜかしっかり学ぶので、自然に覚えられるでしょう。近現代は難しいので、うろ覚えでOKです。これも中学でしっかりとやりましょう。

9.面積・体積は問題なく求めることができる

公式を覚えておくことはもちろん、その計算が不自由なくできるようになっておきましょう。つまり、正方形・長方形・平行四辺形・台形・ひし形・円の面積、円周、立方体・直方体・角柱・円柱の体積などです。

できれば単位の換算も完璧にしたいですね。これらは数学と理科に関わってきます。

10.新聞の見出しとNHKのニュースのヘッドラインを見ている

今の社会に関心を持つべきです。今の首相の名前、世界各国の首脳の名前、紛争、オリンピックなどスポーツイベントなどです。時事問題、社会の地理・歴史・公民全てに関わってきます。

インターネットは不要な情報を省き、必要な情報のみを得られる便利デバイスです。しかし子どもは、情報の要不要の判断がどうしても稚拙になり、興味のあるものしか見ないので、その結果常識を知らず、大切な情報を知らない、ということがあり得ます。

その点、新聞は読み手の興味に関わらず、いろいろな情報を提供してくれます。見出しを追うだけでもかなり知識が入りますし、興味を抱かせるかもしれません。NHKのニュースも詳しく理解することはできなくても、今何が問題になっているかぐらいは見ておきましょう。午後7時のニュースは30分で、コンパクトに情報が得られます。

※(番外)惑星と主な星座を知っている

中1の単元ではあまり扱わないのですが、できれば惑星はすべて言えるようになっておきましょう。星座は、教科書に出てくるものを各季節2-3ずつぐらい覚えましょう。常識的範囲で結構です。

地学(天文学)は興味のない人にとってはかなり苦痛のようで、スケールの大きさと空間的な感覚がつかめないと、全くついていくことができなくなります。少しでも負担を減らすためにもあらかじめ常識を身につけておきましょう。天文学は中3の受験直前に習います。

中学入試を考えていないなら

中学入試を受けることなく、公立中学校に入学して、それなりのレベルの高校を目指す、というのであれば、最低限、上の10項目は意識してほしいですね。

もちろん他の知識も必要です。あくまでも「最低限」という意味で提案させていただきます。

問題を解きっぱなしにしていないか

f:id:classroom-sapporo:20180723192517j:plain

ワークを解いて、マルつけをして、一喜一憂。それで終わっていませんか。であれば、何の勉強にもなっていません。

理解の確認と定着

正解した問題でも、しっかり理解して正解したのか、カンで解いたら正解したのか、確認しなければなりません。不正解の問題は、なぜ間違ったのかをきちんと分析しなければなりません。このプロセスが大切です。

普段の勉強でバツだらけになるのは、別に問題ではありません。テストのときにマルになればよいのです。テストでマルになるために、普段の勉強でバツが付いたところをきちんと分析することが重要です

夏期講習でも解きっぱなしはNG

塾の講習会に参加する人は、そのテキストをばりばり解いて、マルつけをしつつ、解説を聞く、ということになると思いますが、解説もただ聞くだけでなく、確実に理解するようにしましょう。つまり、質問するなどして、曖昧なところは残さないようにする、ということです。

テキストは2回解く

そしてぜひおすすめしたいのが「2回解く」ことです。塾で解いた問題は、その日のうちに(できるだけ早いうちに)もう1度解くのです。しっかり理解していれば、2回目は全問正解できるはずです。逆に言うと、2回目解くときは正解できるように、講習会に臨む、ということですね。

サラッと、の勉強は時間とエネルギーがもったいない

せっかく参加する講習会、とことん活用して、貪欲に吸収しましょう。

 

夏期講習の予定が組み上がりつつあります

f:id:classroom-sapporo:20180716214306p:plain

夏期講習の申し込みを受け付けています。予定が組み上がりつつあります。

今年の夏期講習

回数により4つのコースを設定してみました。1回90分授業です。

①4回コース(2科目選択可) : 12,000円

②6回コース(2科目選択可) : 17,000円

③8回コース(3科目選択可) : 23,000円

④12回コース(5科目選択可) : 35,000円

科目は自由。5教科対応です。テキスト代は実費頂いています。(1冊約1,100円です。)

classroom-ys-sapporo.jimdo.com

特に中学3年生は夏期講習を生かしてほしい

北海道の中学校では学期末の面談で現時点でのランクを知らされたことだと思います。あと少し学習点をあげたら、ランクが上がるということなら、ぜひそれにかけたいですね。残念ながらランクが上がりそうもない、ということなら、得点力の向上を図らなければなりません。

いずれにしても夏休みが、まとまった勉強のラストチャンスです。夏期講習は効率よく学力向上を図ることができます。得意を伸ばし、弱点を強化する機会です。

2学期に入ってしまったら、そのような機会はなくなってきます。今を大切にしてください。

国語力の教科を図るコース

教科書を理解したり、先生の言うことを理解したりする力の基本は国語にあると私は思います。そこで受験生を除く全ての生徒さんに、国語力教科のための授業を企画しています。夏休みから開講します。

国語は即効性はなかなか見込めず、時間がかかるかもしれませんが、その向上は全科目に影響を与えるはずです。

基礎の基礎から復習するコース

また、前々学年くらいから徹底して復習する授業も企画しています。数学というより算数の計算があやしい、とか、漢字がボロボロ、とか、読解がまったくだめ、という状態であるものの、さかのぼって勉強する機会はなかなかなくて、困っている、ということはないでしょうか。

そこで小学校段階からの徹底した復習を行うコースを設置しました。

1回90分、週2回18,000円、週3回25,000円ですzz(1回60分も可)。

科目は、国語・数学(算数)・英語。対象学年は小4-6年、中1-2年です。

基礎的な演習をとことん行います。数をとにかくこなしてもらいます。

ご関心ある方は、当塾のホームページからお問い合わせください。(なお、このコースはこのブログにしか紹介していません。問い合わせフォームのメモ欄に基礎コースと記してください)

classroom-ys-sapporo.jimdo.com

ランクを上げたいんだけど

親子で勉強に困っている方は本当に多いですね。よく相談を受けます。特に成績が低迷している、ランクがF,Gなんだけどもう少し上げたいという生徒さんによくお会いします。

札幌市近郊であれば伺いますので、ぜひご相談ください。

 

普段の勉強で何をしたらよいかわからない

f:id:classroom-sapporo:20180716212210p:plain

「何を勉強したらわからない」とか「そもそも勉強って何をすればよいのかわからない」。こんな質問を受けることがあります。それで普段の勉強のために問題集を購入したり、通信添削をとったりする人もいますね。それも一つの方法ですが、基本的に次のことをすればよいです。それは復習です。そしてその復習とはつまり、

その日の学校の授業の紙上再現

復習しなさい、とよく言われますが、それはつまり学校の授業の紙上再現をしなさいということです。参考書の中に、予備校の授業を再現した、文体が語り口調で、板書のイラストも手書きふうにして実際に書いてあるかのようにしてあるものがありますよね。あそこまでは細かくする必要はありませんが、紙上再現とはあの参考書のイメージです。

家庭学習ノートにその日の授業で習ったことを教科書やノート、プリントを見ながらまとめていきます。それが結局学校のノート丸写しになっても良いので、とにかくその授業で習ったこと、先生がつぶやいたこと、質問したこと、読んだ教科書の文章(あまりに長ければ、教科書〇〇ページ◯行目、という感じでも構いません)を書いていきます。そのノートを見て、その日の授業が思い出せるようになればベストですね。

これを基本として、各教科でやるべきことを以下にまとめます。真面目に取り組めば、一日2時間ぐらいはかかります。これで余力があるなら、他の問題集をやっても良いと思いますが、たいていはそんな時間はないでしょう。

各教科の復習とは

□数学:
・その日の授業で解いた問題を、もう一度解く。
・学校のワークで対応する問題を解く。

□英語:
・その日の授業で扱った英文を読む。
・英文を写し、日本語訳を書く。
・新出単語を練習し、暗記する。
・学校のワークで対応する問題を解く。

□国語:
・その日の授業で読んだ文章をもう一度読む。
・学校のノートを見ながら、もう一度読む。
・新出漢字、重要語句をまとめる。
・学校のワークで対応する問題を解く。

□理科・社会:
・学校のノートを教科書を見ながら写す。
・学校のノートがまとめにくいなら、塾のワークの解説のページを教科書を見ながら写す。
・学校のワークで対応する問題を解く。
・塾のワークを解く。

ようは、その日の授業でやったことをもう一度忠実にやる、ということですね。授業を聞いていれば問題なく進めることができるでしょう。もしわからない箇所が出てくれば学校や塾の先生に質問して、解決しましょう。

テスト前に効いてくる

人はどうしても忘れるので、復習してもテスト前には忘れてしまっていることも多くなります。が、復習をしっかりしていれば思い出しやすくなります。これで毎日の勉強で何をするか、迷いはなくなるでしょう。

 

定期テストが終わり、夏期講習が始まる

f:id:classroom-sapporo:20180313210349j:plain


みんな一生懸命頑張った定期テストが終わり、結果も出そろってきました。

コツコツと頑張ってきた子に成果が現れてきた

先回の記事にも書きましたが、中学1年生の生徒の中には、初めての定期テストということもあり、どのようなテンションで臨めばいいのか、よくわかっていなかった子もいました。エンジンがかかるまで苦労しましたが、なんとかそれなりの結果を出してきました。一時はどうなることかと心配しました。

中学3年生はさすがに気合いが入っていましたね。このテストでいい点を取るんだ、という気迫が伝わってきました。何も言わなくても計画を立てていましたし、実行進度をきちんと確認していました。正直遅れ気味で心配でしたが、なんとか間に合ったみたいです。

この生徒は中2の半ばから指導してきました。中2の最初の定期は5教科500点満点で340点ぐらい。次は350点台。その次は360点台とじわじわと上昇。本人も力がついてきたと実感してきたところでした。そして今回の中3最初の定期では、なんと410点超えの大ブレークとなりました。どちらかというと易しいテストではありましたが、それでも初の400点超えは立派です。大いに自信になると思います。良かった、良かった。

夏期講習が始まる

夏休みに入ると夏期講習が始まります。1学期の総復習が中心になりますが、中3はもちろん、中2にも前学年の復習に取り組んでもらおうかと思っています。特に英語、数学は知識の積み重ねが必要な教科ですが、不得意な子は前学年の単元の理解度が曖昧で、それを引きずっているために、今の学年の単元が理解できない、ということがあります。夏のこの機会にすっきりさせてほしいですね。

募集中

塾外生の参加を募集しています。当塾は札幌市清田区平岡、北野、厚別区大谷地の方は通いやすい位置にあります。お問い合わせはこちらまで。