プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

夏期講習に行けば自動的に成績が上がる…わけがない

f:id:classroom-sapporo:20170623165328j:plain

夏期講習に行けば、成績が必ず上がる、というわけではありません。上手に活用しなければならない、ということです。

講習は予習・復習が大事

夏期講習を申し込むとテキストを購入することになると思いますが、実際に講習が始まる前にバリバリ解いていくことをおすすめします。宿題が出されたと思って、解けるものは解いてしまいましょう。

理解している単元は、トレーニングのつもりで解いていきます。テキストには入試問題レベルも含まれています。得意分野であれば、自力で解けるかチャレンジしてください。最初から解答が配られる塾もあるかもしれません。丸つけも自分でしてしまって結構ですよ。

一方、理解があいまいな分野、分からなかった問題が残ることでしょう。予習は、これら不得意単元や理解の浅い分野を浮き彫りにします。が、あわてる必要はありません。それらを講習で気合を入れて理解すれば良いのです。

復習は毎日

気合を入れて臨んだ単元の復習は、その日のうちに復習しましょう。もう一度、解いてみたり、苦手ノートを作っておいてそれにまとめておいたりできるでしょう。その苦手ノートこそが講習の集大成となります。それは大切にして下さいね。

大抵は講習の最後に模擬テストが実施されることと思います。苦手ノートの復習がテストの対策となるでしょう。

まとめると

まず講習会に申し込んで、テキストを入手したら、バリバリ解いて予習し、自分が気合を入れなければならない単元、授業を確認してください。

授業では、苦手な単元が扱われるときは特に集中して臨みましょう。

復習は毎日行い、苦手ノートを作りましょう。

テキストを予習しようと思ったけれど全く手が出ないと思えたら

テキストの問題のレベルが自分にとっては高すぎると思ったら、塾の先生に相談するべきです。集団指導の場合、まったく置いてきぼりをくらって、学ぶものもなく、自信を失っただけ、ということになりかねません。講習のテキストは各単元のエッセンスをまとめていて、よくできているものが多いのですが、ある程度のレベルの学力がないとついていけないものが多いのも事実です。

親切な塾は指定のテキストは少しだけ活用し、ほとんどはその生徒のレベルに合わせたプリント学習に切り替えてくれたりします。集団指導を個別指導に切り替える必要があるかもしれません。正直に相談してくださいね。

普段塾に行っていない人も

普段塾に行っていない人も講習だけ通って、自分のレベルを確かめることができます。塾の先生や友だちから情報を得ると刺激を受けます。模擬テストだけでも良いですよ。

家庭教師でも夏期講習を実施します

家庭教師でも夏休みだけの授業や1対3の授業などを実施しています。夏休みですので午前、午後の早い時間でも受け付けます。ご相談ください。

テストが返ってきたら確認しよう

f:id:classroom-sapporo:20170619162205j:plain

テストが返ってきたら、確認します。何を?

テストの結果

当たり前ですが、各教科、5教科合計等テストの結果を確認しましょう。たまに、「何点だった?」ときくと「わからない」と答える子がいますが、とんでもないことです。自分の力を把握しないで、目標達成はありえません。

これまでのテストの結果と比較して、どの教科が良くなったのか、悪くなったのか、確かめてください。学校によっては平均点や偏差値等を計算してくれていると思いますので、それらを活用しましょう。

テストの解き直し

どんな結果であっても、ひと通り解き直してみることをおすすめします。間違いは、原因を追求して、理解して、正解できるようにしましょう。正解だったところも、もう一度解いてみてください。勘で解答し、たまたままぐれで正解した、というところもあるかもしれません。ラッキーだった、で済まさないで、しっかりと自分の知識にしてください。

受験生の人は、間違えた問題と解答をノートにまとめておくことをおすすめします。それは自分の弱点ノートになり、復習する時に一番効率よく勉強できる自分専用の参考書になります。

基礎を確認

テストが終わると、中体連の大会が本格的に始まって、部活動をしている人は落ち着かないかもしれません。まとまった勉強時間がとれなかったり、集中できなかったりしますよね。そんなときはトコトン基礎を勉強しましょう。数学の計算、英単語、漢字練習などは、短い時間でも取り組めますし、効果もあります。うすい問題集を活用してもいいですね。忙しい時期を有効に活用しましょう。

覚える 勉強する とは

f:id:classroom-sapporo:20170605222339j:plain

「勉強する」ということは「覚えること」を意味する、といっても言い過ぎではありません。

「覚えなさい」と言われたら

覚えることはたくさんありますね。それは、計算の仕方、文章題の解き方、漢字の読み書き、物質の性質、日本全国の都道府県名など多岐にわたります。どの教科でも、まずは覚えなければならない。
子どもたちに「勉強しなさい」と言うと、ある子は教科書やノートに書いてあることをきれいにノートにまとめて「よし覚えた!」と言いますワークに解答欄にきれいに答えを埋めて、「よしできた!」と唸ります。勉強の一段階としては大切な作業ですが、肝心なのはその次です。つまり、まとめたところ、ワークで解いた内容を頭の中に入れなければなりません。何も見ないで勉強したことが書き出せるようにならなければなりません。
「勉強する」=「まとめる」ではありません。それだけでは足りません。この点を認識してほしいですね。

セルフチェックをしよう

テスト前には、セルフチェックを繰り返しましょう。

まずは何回も何回も、読んだり書いたりを繰り返します。ひたすら頭に入れるのです。チラシの裏でも、ミスコピーの裏でも、なんでも構いません。繰り返し、読み書きして頭のなかに叩き込みましょう

そして、次に頭のなかに入れたはずのことが、何も見ないで書き出せるか確認してみましょう。それがセルフチェックです。できていないところが判明したらどうするか。覚えるまで繰り返すのみです。

学校のワークをきれいに解いたり、単語を10回ずつ丁寧に書いたりするのは結構なことですが、それだけでは頭に入っていないでしょう。それで満足している人は、すぐに心を入れ替えてください。美しさを追求する必要はありません。テスト前に、きれいにまとめるのは、もうやめましょう。


ほとんどの学校では、今月はテストの月です。がんばってくださいね。

 

宿題をいつやるのか

f:id:classroom-sapporo:20170319222351j:plain

一週間に一度、あるいは二度の指導をしていると、先週とおんなじことの繰り返しになっている、と感じることがあります。そうなってしまう子に共通していることがあります。

 

宿題の取り組み方に問題がある

宿題の目的の一つは、学んだことの定着にあります。これに真面目に取り組まないと、いつまでも学んだことが身につかない、ということになります。

エビングハウス忘却曲線」という研究があります。ドイツの心理学者のヘルマン・エビングハウスの発表した研究で、人が時間の経過とともにどれだけ忘れるかを数値化したものです。それによると、人はわずか20分で50%近く忘れてしまい、1日で70%近く忘れてしまいます。1週間後には約75%、1ヶ月後には約80%忘れている。ということは、もし全く復習しなかったとすれば、4月に習ったことは6月の定期テストのときにはほぼ忘れてしまっている、ということになります。

特に1週間後には約75%忘れている、という点にも注目します。週1回指導で、前回の指導から1週間近くたって、指導の直前にあわてて宿題をしているとすれば、その子は前回の内容を約75%忘れた状態で宿題をすることになります。当然、宿題は分かりにくくなっているでしょうね。

そういう子は、指導の最初に「宿題できなかった、わからなくなった」と言ってきます。もちろん、説明して理解を確かめて、改めて問いてもらいますが、「先週やったよなー」って気持ちです。

確かに真面目にすぐに宿題やったんだけどわからなくなったんだ、という子もいます。そういう子がいるのはよく理解できます。人の能力はみな一様ではありませんし、トレーニングすれば、必ず能力は向上していきますから、その点は慌てる必要はないです。

ただ、宿題を1週間後に慌ててやっているのは、いただけませんね。次の週もまた「宿題できなかった、わからなくなった」になり、また説明。同じことの繰り返し。指導進度は遅くなり、テストに間に合わなくなります。

宿題は早目に取り組む

宿題は、指導後なるべく早く取り組むと、効率が上がります。学習した後24時間以内に10分間の復習をすると、記憶率は100%に戻る、という研究結果もあります。

家庭教師は、週1回あるいは2回指導がほとんどです。この学習システムを最大限活かすには宿題に真面目に取り組むことが不可欠です。人間は1週間後には約75%忘れてしまっているのです。

 

この記事を作成するにあたって、以下の記事を参考にさせていただきました。

ryugaku-kuchikomi.com

 

 

日々のトレーニングの質が大切

f:id:classroom-sapporo:20170429180126j:plain

最近中学受験について調べる機会がありまして、いろいろと考えました。

やはり算数は中学受験のカギだなあと痛烈に感じます。算数の基礎とも言うべき計算ですが、どれくらいトレーニングすることが必要なのでしょうか。

とにかくやればよいというものでもない

分数や小数、カッコの含まれた複雑な計算を20問解きなさいと言われたら、大人の皆さんどう思われるでしょうか。うんざりしますよね。子どもも同じです。集中力がもたないです。ダラダラした練習をしても、ミスが連発するだけで、苦痛になってきます。それで、算数の得意な子は1日5-8問くらいを毎日コツコツ集中して解くことをお勧めします。苦手な子は基礎的な問題を10-12問くらい解くと良いでしょう。

算数の得意な子は計算構造を理解して解く

小学校低学年の頃から計算を鍛えていた子は計算の基礎は問題ないでしょうから、やみくもに問題集を毎日解きなさいと言っても退屈になってきます。かと言って、怠けだすとケアレスミスが増えてきますから、トレーニングをしない訳にはいきません。それで、計算力のステップアップとして、計算構造を教えたり、暗算の活用を教えたりすると良いでしょう。ていねいな計算にこだわるのも大切ですが、得意な子には計算の仕組みを教えたほうが結果としてミスが減りますし、スピードも上がります。

算数に苦手意識のある子はやはり数をこなすことが必要

計算に不安のある子はやはり数をこなすことが必要になります。中学受験でおなじみの和差算や過不足算などに取り組む「以前」の段階の子は、学校で習っているような基礎的な計算方法を何の戸惑いもなく解けるようになるまでトレーニングしましょう。できる単元ではなく、苦手単元、あいまいな単元にしぼると良いと思います。無目的に、ただ数をこなすだけでは苦痛になり、苦手意識がますます強くなってしまいます。

プレッシャーもミスの要因

日頃のトレーニングの必要な理由の一つにプレッシャーの克服があります。テストには制限時間がありますし、計算問題は失点したくないと思いますので「これは落とせない」というプレッシャーがかかります。その中でいかに平常心で取り組むか、ミスを減らせるか。これには訓練が必要ですね。それで定期的に制限時間を設けて問題を解かせてみると良いでしょう。記録をつけて、どのくらいのスピードで、どのくらい正答したか、確認できるようにすると励みになりますね。

大人の発想は無駄なことも

とにかく数をこなせばなんとかなるというのは大人の発想です。やり遂げれば達成感はあるのかもしれませんが、その割に力は思ったほどついていない、ということになりかねません。強化ポイントを間違えば、どんなに時間をかけても無駄に終わります。この記事のタイトルを「トレーニングの『質』」が大切、としたのは量ではなく、質に注目していただきたかったからです。良いコーチは自分のトレーニング方法の質を分析しています。

1学年上の内容を予習しておけば楽になる

f:id:classroom-sapporo:20170428113421j:plain

予習すると授業を理解しやすくなることは言うまでもありません。その習慣を持っている子は少ないかもしれません。大多数は勉強といえば復習です。

小学生の、学年の若いうちに予習しておくとかなり楽になります。1学年上の内容を予習することも可能です。かく言う、わたしも小学生時代はそうでした。

小学1年生のときは2年生、2年生のときは3年生の内容

小学校に入る前から、かな、漢字、簡単な計算、アルファベットができている子がいますが、それならその勢いで小学1年生で2年生の内容を、2年生では3年生の内容を勉強しましょう。一部の塾では学年に関係のないカリキュラムを組んでいますが、学年が若ければ塾に行かなくても、1年先予習は可能です。1年生のうちに九九や漢字が完璧になれば楽になります。

現にわたしは学校の授業は楽でした。理解できない計算が出てきたことがない、図形問題も見たことあるものばかり、公式は全部知っている、知らない漢字や熟語はない、という状態でした。

授業に追われて予習しているという感覚はありませんでした。1年先を進んでいますから、余裕です。そのおかげで習い事は2つ通っていましたし、夏は学校で指導してくれた水泳にも通っていましたが、忙しさも感じたことはありませんでした。

教材は何を使っていたのか

わたしは塾に通ったことがありません。むしろ、塾不要論者でした、小学生にして。生意気でした。(そもそも当時は、現在ほど小学生が学習塾に通うという風潮がありませんでした。)それなのに、いま塾講師・家庭教師を生業にしているのですから、人生わからないものです。

それで家に帰れば塾に通うことはありません。まず学校の宿題を終えたあと、親が作った算数の計算問題と漢字の練習ドリルを解いていました。小学1年内容までは親が作っていたように思います。その後は市販のドリルを活用していました。よく使っていた教材は受験研究社の問題集と参考書です。

 

www.zoshindo.co.jp

受験研究社の問題集は、標準問題でも難しく感じました。中学入試クラスの問題も含まれていたように思います。「標準考査」や「これだけは」というシリーズを使っていました。今は廃版のものもあると思います。これらで難問慣れしました。参考書も受験研究社の「自由自在」でした。これは現役ですね。

 

小学5,6年のときは自分で問題集や参考書を選んでいました。受験研究社中心でした。それまでたくさんの問題集に取り組んでいたので、自分に合うのはこのレベル、と判断できるようになっていました。

当時のわたしは(というよりわが家は)中学受験なんて全く頭にありませんでしたし、いろいろあって1学年上の勉強は小学校時代で終わってしまったのですが、続けていれば中学時代はもっと楽になっただろうと思います。惜しいことしました。中学の参考書、旺文社の「ハイトップ」や学研の「ニューコース」を購入した記憶があるのですが、それらが簡単に思えたのは、小学校時代の予習による知識と理解のストックが効いていたのだと思います。

中学受験をするにしてもしないにしても

1学年上の予習を目指すのは塾に行かなくてもできます。これは断言できます。学年が若いうちは、親御さんが楽に教えられると思います。学年が進めば、市販の問題集や参考書を子どもが使いこなせるようになりますので、親の指導の負担も少なく、楽です。中学受験を考えるなら最後の1年は受験に備えられますし、受験しなくても中学の予習、特に英語の予習ができますので、その先が楽ですね。

そして何よりも、学校の授業に余裕を持ってのぞめるようになります。授業がいつも理解できるので、モチベーションを高いレベルで保つことができます。

小学3,4年生でも、馬力を上げれば1年先にたどり着くことは可能です。家庭学習だけでも、です。

心配なことがひとつ

「知ったかぶり」や「それ知ってる!」発言を授業中に繰り返す、生意気な子どもにならないように親御さんは見守ってください。嫌われてしまいます。なんでも知ってる人なんていません謙虚な心で教わる気持ちを常に持つことの大切さを教えてあげてください。

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウィークまでは復習をしっかり

4月の学校の授業進度は超スローペースです。中3は学校によっては修学旅行があり、その後休息日があり、やっとまともに授業が進むかなと思ったらゴールデンウィークです。

この時期を活かせ

新学期は教科書が新しくなったり、新入生が部活に入ったり、先生も代わったりと環境の変化が著しい時期です。ということは心機一転できる良い時期でもあります。気分の良いうちに、勉強を軌道にのせておきたいところです。しかも学校の授業進度は遅い。これはチャンスです。

やるべきこと

まずは前学年の復習です。特に中3は1,2年の復習をしましょう。

中3の復習すべきこと

・英語:数字、月、曜日、代名詞等、基礎単語の確認。 不規則動詞の変化の確認。(学校のワークにまとめられているはずです。)

・数学:とにかく計算。文字式の計算。1次方程式、連立方程式

・国語:漢字。(学校のワークにまとめられています)

・理科:物理、生物、化学、地学のうちどれか苦手の分野一つに取り組みましょう。

・社会:理科同様単元を絞ります。世界地理、日本地理、歴史(古代から鎌倉)、歴史(室町から江戸)のうちのどれか。

ゴールデンウィークが明けたら、学校の進度にしっかりとついていってください。まずは通信簿の評価を上げることが大切です。北海道の中学生の皆さんなら、ランクを上げることを意識してください。

忙しいとは思いますが

中3は部活の集大成の時期でもあって忙しいとは思いますが、ここで差をつけたいところです。大切なのは勉強したことの内容が頭に入るかどうかよりも、受験モードのスイッチが入るかどうかです。早くスイッチをオンにできた人は有利ですよ。