プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

成績の向上は教科書を読むことから

f:id:classroom-sapporo:20180414143844j:plain

 教科書は基本です。教科書を読まない勉強はあってはならないし、教科書を理解していないのに、問題集を解くのはつらいですね。

意外というか、やはりというか、なおざりにされている教科書

 学校の先生の教え方には色々なタイプがあって、とにかく板書しまくる先生や、板書は一切せず読んで説いて聞かせる先生、プリントを用意している先生などがいます。先生によってはほとんど教科書を開かない先生もいて、そのためか生徒たちに「今学校では教科書のどのあたりをやってるの?」ときくと「わからない」と衝撃的な答えを言うことがあります。うーん、これはマズイかな。

まずは教科書を読もう

 当塾では、どの教科でもまずは教科書を読むことを勧めています

 数学では教科書の例題、問いを「解ける」ようにしてもらいます。「解く」こと自体は学校でもやっていると思いますが、「解ける」段階までには到達したい。つまり、自力で正解を導き出せる、ということです。国語は、文章を読んで、わからない言葉は辞書で引いて意味を確認し、内容の要約をしておく。英語なら、単語の暗記はもちろんのこと、簡単な文法の説明、英文和訳ができるまで。理科、社会も同様で、内容を読み込んで簡単に説明できる段階に。

 教科書の内容を把握してはじめて、他の問題集やワークに取り組むことができます。教科書がわかれば、ワークの問題は大概は解けます。準拠しているはずですから。

 それでもわからなければ先生の説明をよく聞きましょう。質問してみましょう。ただ、教科書をまったく読まないまま、ワークに取り組み、「わからん!」ではそれは当たり前です。「まず教科書を読め!」というのがその答えです。

 考えてみると、入試問題はまずは教科書の内容を基にして作問しているはずです。先生のプリントや板書ではありません。塾の教材でもありません。ですから、教科書を読まないで入試に取り組むことはありえないのです。

 特に高校生は教科書をしっかりと読むことが大切だと、私は思います。大学入試の問題を見ると、出題者は教科書を読み込んで作っていることが分かります。難関大学の入試でも教科書さえ理解していれば解けます。もちろん、すみずみまでよく読み込むことが不可欠ですが。

国語が大切

 残念ですが、教科書を読むように勧めても「何が書いてあるかわからない」という生徒がいるのもまた事実です。それを見るたび、聞くたびに、国語力の大切さを痛感します。それで、小学生の皆さんは特に、国語、読み書きの力をこつこつと鍛えることを怠らないでほしいです。これは本当に成績に響きます。

 1日1問、10分で良いので読解問題を解くと良いですね。本屋さんでうすい問題集が売っています。1学年下の問題集を毎日のように解くと、「読み慣れ」が生じて、読んで理解することに抵抗がなくなってきます。これが後に教科書を読んで理解することにつながってきます。

 中学生にもお勧めしたいですね。

急がば回れ

 焦って、あちこちの問題集に取り組むよりも手元にある教科書とワークにまず取り組むのが、実は一番の成功の近道です。自分の机の周りを整理して、今そこにある教材から取り組んでみてください。

わかる 解ける 楽しさを

f:id:classroom-sapporo:20180328184117j:plain

今週から春期講習が始まりました。中学生を中心に指導しています。期間が短いので数学(算数)と英語(あるいは国語)の指導にしぼっています。

春期講習は通常授業とは違って

いつもは解説と問題演習を織り交ぜていくのですが、講習は問題演習を繰り返していきます。予習は基本的に行っていません。習ったはずの内容を思い出しながら、問題を解いてもらいます。間違ったり、わからなかったりした時点で解説、という感じです、基本的には。

成績の上がった子はペースもあがる

ここ1年間でランクがEからD(あと学習点が1上がればC)にまで上がった新中3のKくんは、以前に比べるとペースが格段に上がりました。講習用テキストの問題もバリバリ解いていきます。解ける問題が増えているので、「楽しく」なってきているのでしょう。依然「早い」とは言えませんが、いいペースで勉強を進めています。この「楽しさ」を感じるようになると、さらに成績は上がるでしょう。中3の成績が楽しみな生徒です。

勉強の苦手な生徒さんにも「わかる」「解ける」楽しさを

あまり成績の芳しくない生徒さんが参加される場合は、何よりも「わかる」「解ける」という実感を持ってもらいたいと思っています。そのために例えば、まず一度一緒に問題を解いて、解説して、そのあと改めて同じ問題を今度はノーヒントで解いてもらう、というパターンを繰り返しています解説を聞くとわかったような気がするのですが、それだけでは自力で解けるようにはなっていません実際に解いてみてはじめて「わかった」「解けた」という実感が湧いてきます。これを繰り返すことで、ノーヒントで解ける問題が増えてくると「楽しく」なってきます。解けないとつまらないし苦痛ですが、解けると楽しい。この感覚を早く味わってもらいたいです。そのために「いろいろ」やっています。

成績下位の生徒さんは、苦手意識や劣等感を抱いていることが多く、学校や塾の授業についていけないことを恐れています。それで、じっくりと「わかる」という実感を繰り返すことで「自分も楽しく勉強できるのだ」という気持ちを持ってもらいたいです。これはカリキュラムの消化よりも大事なことだと思います。

ぜひ相談してください

入塾を断られた生徒さんや成績が思うように伸びないと悩んでいる生徒さんはぜひ、相談してほしいです。あせらず少しずつ少しずつ、ステップアップしていきましょう。

 

春期講習開催中。通常授業生徒募集です。

classroom-ys-sapporo.jimdo.com

 

 

 

社会はただの暗記科目ではない

f:id:classroom-sapporo:20180319185139j:plain

暗記が嫌いで社会が嫌いという人は少なくありません。覚えればそのまま点になるという「おいしい」科目であり、受験末期の追い込みではすぐ結果が表れる頼もしい科目でもあるのですが。

まず教科書の内容を頭に入れる

社会の勉強法については以前に記事にしたことがあります。

classroom-sapporo.hatenablog.com

classroom-sapporo.hatenablog.com

classroom-sapporo.hatenablog.com

classroom-sapporo.hatenablog.com

苦手意識を持つ人の特徴として、いきなり問題を解き始める、というものがあります。一度も頭に入れていない単元の問題を解けるはずがありません。問題はこれまでの常識を問いかけているのではなく、学んだことを覚えているかを問いかけているはずなので、まず学んだことを頭に入れなければなりません苦手だ、という人はこの「頭に入れる」作業を怠っています。頭に入れる方法については上記の記事にいくつか提案させていただいているので、参考になさってください。

教科書と学校のワークが基本

簡単に勉強法をまとめます。まずは教科書を読みましょう。読まずに内容が頭に入るわけがありません。内容をまとめ、暗記します。それから学校のワークに取り掛かります。最後に塾や市販の問題集です。この順序を間違えないようにしましょう。

楽して暗記はあきらめよう

教科書を読むのを面倒くさがる人は少なくありません。そのあと内容を暗記しなければなりませんが、この段階が苦しいですよね。でもこれが社会の勉強です。この段階の勉強法についても上記の記事の中に書きました。四の五の言わずに、取り組みましょう。この苦しみを味わっていない人は、知識がぶつ切りになり、いつまでも「流れ」や「原因と結果」が理解できません。歴史用語や地理用語は聞いたことがあっても、問題は解けないのです。

じっくり読む じっくり覚える

何故かわかりませんが、急いで書いたり、急いで読んだり、急いで解いたりする癖のある人がいます。すぐに結果を求めるのでしょう。ですが、暗記はすぐに結果が出にくいですし、苦しいですし、繰り返しが必要で根気が要ります。

それで時にはじっくり読んで、じっくりと考えて、じっくりと覚える勉強をしましょう。この姿勢は社会だけでなく、全科目に共通して必要です。スピードにこだわるのはこの後の段階です。

 

一生モノの勉強法

f:id:classroom-sapporo:20180313210349j:plain

志望校合格は素晴らしいことですが、それがすべてではありませんね。当たり前ですが。その後が問題です

高校に合格した後、雪崩のように成績を落としていく子がいます。もちろん、成績を順調に伸ばしていく子も大勢います。この違いはどこにあるのでしょうか。

高校入学後の成績不振

せっかく志望校に合格したのにその後成績を落としていくその原因は何でしょうか。先生によっていろいろ意見はあると思いますが、私はその一つとして「塾で教えられたとおりでしか勉強ができない」ということがあると思います。つまり、非常に受け身の態度でいつも授業に臨み、課題が与えられるのをトコトン待つことに慣れきっている、ということです。優秀な塾は合格プランをしっかり練ってくれますから、いわば間違いのないレールを志望校まで敷いてくれているので、その上をしっかり進めば合格します。これはこれで良いのかもしれません。が、合格後はどうなるかというと、レールのない状態にぽつんと立たされるわけですね。これは迷います。

高校入学後しばらくはそれまでの知識のストックでやっていけますが、徐々に周りが成績を伸ばしていきますし、自分の知識も枯渇するうえ、ろくな訓練もやっていないとなると、あっという間に成績は下位に…ということになります。こういう例は枚挙にいとまがありません。

中学時代にどんな勉強をしておくべきか

そうならないためにはどうすべきなのでしょうか。やはり「能動的な勉強習慣」が必要であると私は思います。私は子どもたちが「自分で計画を立て、自分で理解し、自分で解く」ということを大切にしているつもりです。指導前今日は何をするのか、どこがわからないのか、宿題はどこにするか、を子どもたちに考えさせるようにしています。足りない部分はもちろんアドバイスします。それを続けると、子どもたちは勉強に迷いがなくなってきますし、宿題を怠けることはなくなります。自分で与えた課題だからでしょう。

やがて、テストの成績が上がるなど成果が目に見え始めるとますます、良い勉強習慣がついてきます。これで間違いないのだという自信もついてきます。

この勉強の態度や習慣は、一生モノになります。志望校合格後、入学後も成績が落ちません。社会人になっても、です。自分なりの勉強のノウハウがわかっているのです。

能動的な勉強にどうしても取り組まない子もいる

頑なにこの「能動的な勉強」をしようとしない子もいます。

だれでも最初は、先生が計画を立て、先生が勉強の仕方を示し、先生が解き方のお手本を示し、先生が1問1問解説しなければなりませんが、やがてこれらのプロセスを自分でできるようになります。ところが、いつまでも先生にすべて頼りっきり、という子がいるのです。そういう子は理解が進みません。同じ説明を何度もすることになります。先生も生徒も、お互い疲れます。結局「予想問題」なるものに頼り、一発逆転で良い点をとろうとします。でも世の中そんなに甘くないですよ。「予想屋」みたいな塾の問題を解くことで中学時代のテストをのりきったとしても、塾は一生通い続けることはできません。やがて卒業しなければならないのです。その後どうするのでしょうか。

どうしても能動的にならない子には勉強の意義や志望動機の確認をします。勉強に「受け身」である理由、消極的である理由を理解しなければなりません。もし、お子さんにそんな態度が見られるなら、「勉強しなさい」と叱る前に、この点を親子で話し合ってほしいですね。

志望校合格はあくまでも里程標

出会った子どもたちには、志望校合格の目標を叶えてほしいですが、それ以上に勉強に対する正しい態度や一生モノの勉強法を身につけて欲しいな、と思っています。大学生、社会人になっても勉強は続くのです。

塾を卒業した後も、私と一緒に学んだ経験をどこかで活かしてくれれば、それほど嬉しいものはありません。

かつて似たような記事を書きました。

 

classroom-sapporo.hatenablog.com

 私の家庭教師・個別指導塾です。

classroom-ys-sapporo.jimdo.com

お申込みの際「ブログを見た」とおっしゃっていただくと家庭教師の授業料を割引させていただいています。(塾にも特典があります。)

 

 

通信添削や塾でタブレットを上手に活用できるのか

f:id:classroom-sapporo:20170402010507j:plain

タブレットを使った勉強がテレビで宣伝されています。通信添削でも取り入れているところが多いですね。わたしもスマホタブレットを上手に活用することには賛成です。きっと勉強は捗ると思います。スマホについては記事を書いたことがあります。

 

classroom-sapporo.hatenablog.com

ですが、タブレットを持てば勉強ができるようになるわけではありません

タブレットがあれば成績は上がるのか

タブレットを通して授業を見たり、問題に取り組めたりすることができる塾や家庭教師さんがいます。有名講師のわかりやすい授業がいつでもどこでも見ることが可能なので、便利ですね。わたしの学生時代にこんな機器があったらどれほど楽しく勉強できただろう、と思ってしまいます。

タブレットは教材の一部だと思います。つまり、参考書や問題集のビジュアル版です。ともすると無味乾燥になりがちな書籍のタイプの学習教材をわかりやすく、時には面白くしてくれます。

ですが、もともと勉強に消極的な生徒が、タブレットを手にした途端、勉強に取り組むようになるかというと、それには大きな疑問符がつきます。そこまでの人の意識を変える力はタブレットにはないです。これは断言できます。

参考書や問題集に取り組む積極的な姿勢のある生徒が、さらにわかりやすさやレベルアップを求めてタブレットを活用するに至る、ということはあり得ると思います。が、そんな姿勢のない生徒は、タブレットを持って授業を見ても、眺めるだけで退屈でしょう。

タブレットスマホの使い方は親の世代よりも子どもたちのほうが慣れている、だからその効果を過小評価してはいけない、と言われます。その効果を見込んで学校でも活用され始めているのだと思います。でも、その効果も自動的に生まれるわけではありません。子どもにとってタブレットは、どちらかというとゲームやSNSのツールであり、勉強の道具ではないのです。

まとめると、タブレットを持った『だけ』では成績は上がらない」と言えます。

タブレットだけでスケジュール管理はできない

勉強時間を知らせてくれるタブレットがあります。スマホでもありますね。電子機器にとってはスケジュールを知らせるのは簡単な機能です。

ですがこれで子どもが計画的に勉強するようになるかというと、これまた大きな疑問符がつきます。タブレットが勉強時間をアラームで知らせてくれても、うるさがられてスイッチを切られるのがオチです。実際、そんな生徒を見たことがあります。

まとめると、タブレットがあるからと言って、スケジュール管理ができるわけではない」と言えます。

結局生徒の意識次第

参考書や問題集の一部として、あるいはスケジュール管理ツールとして、タブレットは有効ではありますが、それをうまく活用できるかは結局、生徒次第です。生徒の勉強に対する姿勢が積極的になっている必要があるのです。それを励ますのは、先生や親御さんの役目ですね。

それで、成績が芳しくなく、やる気もない子のモチベーションを上げようとして、タブレットなどの電子機器で釣って勉強させる、というのは無駄になるでしょう。その費用と時間で、学校や塾の先生や家庭教師から、直接学ぶほうが良いと思います。

学習ツールは昔からいろいろものが提案されてきました。まるでおもちゃのような実験機材が付録となっている雑誌とか、ユニークな文房具が特典で付く通信添削とか。でもそれらをうまく使えたか、それで成績が本当に上がったか。親御さんはぜひ思い出してみてください。

タブレットはとても良い教材になり得ます。わたしは否定しません。むしろ活用したいぐらいです。でも、使うなら生徒と直に向き合った授業の時のツールとして使います。タブレットにすべてを委ねることはできません。

スタートダッシュにかけてみないか

f:id:classroom-sapporo:20180305153237p:plain

先日、公立高校の推薦入試の合格発表がありました。生徒さんの1人が推薦入試にチャレンジしていましたが、無事に合格いたしました!おめでとうございます!この瞬間は本当に幸せな気持ちになりますね。私がこの仕事を続ける原動力になっています。素敵な高校生になってください!

春の勉強

さて、3月から6月上旬はどの学年も大きなテストがありません。ということは、じっくりと腰を落ち着けて勉強するチャンスでもあります。テスト対策に追われることがありません。この時期を有効に使えれば、6月の定期テストで成績をぐんと上げることができます。

具体的に何を行えるでしょうか。

3月から4月の春の時期は、今の学年の復習と弱点の克服に力を入れましょう。具体的に取り組めることとしては…。

定期テスト・学力テストのやり直し

テスト類は捨てずにきちんと保管していますか?それらをやりなおしてみることをお勧めします。手っ取り早く復習できますよ。小学生も、特に国語と算数のテストをやり直してみると良いと思います。

②学校のワークの誤答問題のやり直し

ワークを全部やり直すのは大変でしょうから、まずは×がついた問題をやり直して理解を確認しましょう。その際、取り組んでいない問題があったら、それもやってしまいます。とにかく、ワークを徹底活用してください。

③塾や家庭教師のワークの問題に取り組む

まだ解いていない問題がたくさんあるのではないでしょうか。それらに取り組んでください。

①-③の順に取り組むと良いと思います。本屋さんには「復習問題集」なるものが売っていると思いますが、購入する必要はありません。まずは手持ちの問題集を活用しましょう。

春休みは春期講習を活用しましょう。前学年の復習と新学年の基礎を少し、という内容になります。テキストを活用し、体系的に取り組みます。弱点や理解の曖昧な点をしっかりつぶしていきましょう。

春期講習後は、当然新学年の内容に入っていきます。が、しばらく学校は学習進度がゆっくりなはずです。5月下旬までは行事が多いからです。それで、ぜひこのスキに学校の授業を先取りできるくらい勉強を進めていきたいですね。どの教科も内容が難しくありませんので、理解もしやすいですよ。

忙殺されずに集中できるか

これから数ヶ月は6月の定期テストを見据えて、勉学に打ち込んでほしいですね。部活をやっている人は中体連などで忙しくなるかもしれません。1年生は新しい環境になじむために何かと落ち着かないかもしれません。が、それはみんな同じです。スタートダッシュが決まれば、自分の「位置」も定まって、今後の勉強に対する意識が高まります。この時期を大切にしてください。

いよいよ本番を迎えた北海道の高校受験と個別指導塾生徒募集の準備

f:id:classroom-sapporo:20170323233325j:plain


わたしの受け持っている中3生は、今週から公立高校の推薦入試と私立高校の一般入試に挑戦です。頑張って欲しい!

 

冬休み以降は何をしているか

 

この度、久しぶりのブログ更新となったのですが、冬期講習会や中3生の高校受験対策の授業をしたり、来年度の新規生徒募集の要項をまとめたり、何かと忙しく落ち着きませんでした。今やっと落ち着いてきましたが。

中1,2生は冬期講習のテキスト等を使って、今年勉強した単元を復習しました。曖昧な理解を少しでも明確にできたと思います。年末年始のあわただしさの中でも、しっかり自分の勉強時間を確保して、頑張った子がいます。その子はきっと良い結果が現れるでしょう。

中3生も冬期講習テキストを活用しましたが、同時に実践的なテストに毎週取り組んでもらいました。それは2月に入った現在も継続しています。入試レベルの問題をとことん解いてもらっています。できなかった問題は弱点ノートに問題と正答をまとめさせています。本番さながらの実践あるのみですね。

 

個人指導塾の新規生徒募集

 

この時期は来年度の生徒募集の準備も行なわなければなりません。テレビのコマーシャルや新聞のチラシで、塾や家庭教師の宣伝を見ると気がアセります。

これまで主に家庭教師で生徒を指導してきたのですが、来年度からは思い切って家庭塾も開くことにしました。拙宅の一室を活用して、塾の教室を作りました。家庭教師の生徒に塾に切り替えるか呼びかけたところ、すでに1人、塾に通い始めています。また無料講座を開いたところ、数人の中学生が来てくれました。無料講座は春休みまで続けようと思っています。

f:id:classroom-sapporo:20180213180016j:plain

塾の机や本棚、ホワイトボードの枠は自作しました。ホームセンターで木材を購入し、近所の方に丸のこ等の工具をお借りして作り上げました。実はDIYが大好きです。気持ちの良い、ウッディな教室に仕上がったと思います。5.5畳の狭さが気になりますが、1対1-3の個人指導なので問題はありません。

 

個別指導塾を開いたわけ

 

なぜ個別指導塾を開いたのかといいますと、週に複数回の指導をしたいと思ったからです。家庭教師では週1-2回の生徒さんが多いのですが、成績の芳しくない生徒や目標到達までもう少し頑張らなければいけない生徒はもう少し回数を増やしたいと思うことがよくあります。でもどうしてもスケジュール調整や授業料の関係で、限界があるのです。生徒も親御さんもその必要は感じているのですが。もどかしくなります。

そこで塾を開いてみることにしたのです。塾にすれば、1コマで複数人指導できますので、回数を増やして、授業料を抑えることができます。また、授業時間後の空き時間に塾にとどまって自習してもらうこともできます。

どんな結果になるかはまだわかりませんが、コンセプトは家庭教師のときと変わりませんし、むしろ家庭教師より、もっといろいろなことができるような気がしています。

 

家庭教師も継続

 

夜の遅い時間や週末は家庭教師を継続して行なうつもりです。これまで家庭教師として指導してきた生徒やわたしの家から遠い生徒もいますので、そのニーズには応え続けたいです。

塾講師と家庭教師の「二刀流」でこれまで気づかなかった、それぞれの良さが見えて来るような気もしています。来年度は楽しみです。