プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

北海道の中学生なら学習点とランクが気になるはず

f:id:classroom-sapporo:20170323232913j:plain

他の都府県のことはあまり存じないのですが、北海道の公立高校の入試は学習点と学力点を総合的に判断して合否が決定します。学習点とはいわゆる内申点のことで、通信簿の評価に基づき算出します。またこの点数を20点ごとに区切って、AからMまでランク分けされます。ランク分けは以下のとおりです。()内は学習点です。

A(315~296)  B(295~276)  C(275~256)  D(255~236)

E(235~216)  F(215~196)  G(195~176)  H(175~156)

I(155~136)  J(135~116)  K(115~ 96)  L( 95~ 76)  M(75) 

学力点とは、入試本番の点数のことです。

今回は学習点とランクについての話です。

どこまで挽回可能なのか

学習点の算出方法は以下のとおりです。

中1学年末・9教科合計×2 + 中2学年末・9教科合計×2 + 中3学年末・9教科合計×3

中1から中3までオール5であれば、5×9教科で1学年合計45点ということになるので

45×2 + 45×2 + 45×3 = 315 Aランク

オール3であれば、3×9教科で1学年合計27点となるので

27×2 + 27×2 + 27×3 = 189 Gランク

となります。

中3は9教科合計×3となっているので、中3で頑張ったら点数がグッと上がるような気がします。1,2年サボった人が、中3で学習点をかせいでランクを上げることは可能なのでしょうか。どこまで挽回可能なのでしょうか

たとえば中1,2の間オール3の成績だった子は中2末ではGランクです。その子が中3でオール5をとったらどうなるか。

27×2 + 27×2 + 45×3 = 243 Dランク

Dランクまで挽回可能、3ランクアップ可能ということですね、計算上は。でも実際はこれほどの挽回は難しいです。仮に、中3で4が5つ増えたとすると中3の通信簿の点は3×4+4×5=32となりますので

27×2 + 27×2 + 32×3 = 204 Fランク

となります。オール3だった子が4を5つ増やすというのは相当大変ですが、それでもランクは1つしか上がりません。

それで現実的に考えて中3でランクを上げようとしても、せいぜい1ランク、良くて2ランクといったところです。

生徒によってはあきらめムードに

成績トップ校はAランクやBランクの子しか合格のチャンスはありません。というより、AランクやBランクの子しか受験資格はない、という言い方のほうが正しいです。Cランクの子は得点力を上げて入試当日の学力点で勝負するしかありませんが、相当のリスクがあります。

ですから、中2末時点でDランクの子はその時点でトップ校の受験資格はほぼない、と言えます。これが現実です。もちろんどんなランクの子でも可能性はゼロではありませんが、中3の受験生生活のスタートはかなりキツいものになります。

家庭教師を生業にしていますので、子どもたちの「夢」をかなえるお手伝いをしたいのですが「現実」も見つめなければなりません。つらいところです。

だから中1,2の普段の定期テストが大切

f:id:classroom-sapporo:20170323233325j:plain

中1,2の子がヘラヘラしながら、上位校受験を目標にしていることを言うことがありますが、ご家族で上に記したような計算をして、果たして受験資格そのものを得ることができるのか、ぜひ検討してみてください。早いうちに、です。

夢を語ることができるのは中1,2でしっかりと努力した人だけなんです。

www.do-con.com

成績を上げる基本的な勉強法と教材について:中学英語編

具体的で基本的な勉強法を紹介するシリーズ。今回は英語です。

f:id:classroom-sapporo:20170319222351j:plain

日頃の復習の仕方

ノートは大学ノートA罫を使いましょう。普通ので結構です。(以下の写真は方眼罫を使用していますが、撮影時A罫がありませんでした。近い将来に差し替えます)

まずは単語を覚えましょう

単語の覚え方については以前の記事で紹介させていただきました。単純極まりない方法ですが、これしかないですよ。カードをめくったり、アプリを使ったり、といろいろな提案があると思いますが、中学生の間は単純に書くことが一番効果がある、とわたしは思います。

classroom-sapporo.hatenablog.com


まずは、その日学校で習ったページの新出単語を書き出しましょう。つぎに意味を記し書いて練習しますが、これは覚えるまで練習します。たとえば10個習ったとしたら、10問の単語テストを実施して自己チェックし満点になるまで練習します。

 

f:id:classroom-sapporo:20170319223544j:plain


単語を調べるときにはぜひ辞書を使って欲しいです。電子辞書もオススメです。

 


というのは発音の確認も大事だからです。電子辞書だとそれができますね。

文法事項の確認

学校のノートに基づいてまとめましょう。まとめにくければ、ワークのまとめのページを使っても良いです。下の写真のようなまとめの部分を活用できます。学校のノート丸写しでも良いですよ。

f:id:classroom-sapporo:20170319224732j:plain

教科書の英文の確認

その日に習った英文を左ページに書き写してください。右ページには日本語訳を記します。わからなくなったら、学校のノートを見返してください。できれば、訳しながら英文の主語にS,動詞にVの印をつけていきましょう。

f:id:classroom-sapporo:20170319225721j:plain

これは英文の構造の理解をするのに役立ちます。英文の要素はS,V以外にもありますが、とりあえず初歩段階ではまずS,Vを確認してください。

つぎに右ページを見ないで左ページが書ける(和訳)ように口頭で唱えながら書きます。それができたら、左ページを見ないで右ページが書ける(英訳)ように口頭で唱えながら書きます。英文まる覚えが英語上達の近道です。コツコツやってみましょう。英文が覚えることは、英作文の対策にもなります。

学校のワークの該当箇所を解く

数学同様できれば、ノートに解きましょう。問題を解くときは、記号だけ、あるいは選択した単語だけを答えれば良い問題でも、問題の英文まるごと書いて解答してください。そしてその英文にもS,Vを記しておきましょう。

f:id:classroom-sapporo:20170319230710j:plain

かならず赤で丸つけし、正答に○、誤答に☓、分からなかった問題に☆等印をつけておきます。数学と同じです。ワークを1回解くだけで終わらせるのはもったいないです。2回目あるいは3回目(テスト前)になって初めてワークに直に書き込むことにします。できれば2回、3回で終わらせず、すべてに○がつくまで、繰り返してください。時間がなければ☓、☆を中心に繰り返しても良いでしょう。

f:id:classroom-sapporo:20170319231327j:plain

ただ、学校の先生から指導があるなら、それに従って欲しいと思います。特に指示がないなら上記の用い方を試してみてください。

英作文など記述問題の場合、自分では正誤が判断しにくいことがあります。たいていは採点の基準が解答に記されているが、学校の先生にきいてみても良いでしょう。

自習用のワークで類題を解く

英語が苦手なら教科書準拠のワーク活用すると良いでしょう。下のような問題集です。

英語の場合、習っていない単語が出てくるとその戸惑いが文法の理解を妨げることがあります。それを避けるためにも教科書準拠が良いと思います。

得意ならば下のような問題集でも良いでしょう。

数学同様、必ずノートに解きましょう。書き込んではいけません。学校に提出する必要はないからです。正答に○、誤答に☓、分からなかった問題に☆印は学校のワークと同じです。

日頃の復習に加えて、学力テスト前に復習するときも活用しましょう。

さらなる成績の向上を目指すなら

NHKラジオの活用を強くお勧めします。

基礎英語1,2,3は本当に良いですね。NHKのサイトでストリーミングで聞くことができ、時間にとらわれずに聞くことができます。継続的に学習できるサービスも整っています。

www2.nhk.or.jp

英語の勉強法で大切なのは継続

どの教科でも言えることですが、英語は特に日頃の積み重ねが大切です。新しい単元は以前の単元を理解していることが前提となっていることが多く、一旦わからなくなるとずっと嫌になる。ついていけなくなる。

英語は体育や音楽などの芸能教科と似ています。理屈を覚えていても使えるようにはならない。身体の動き方を知っていても、体操ができるわけではないのと同じ。音符は知っていても、楽器の弾き方は知っていても、実際に弾けるわけではないのと同じです。

そう、英語は体育や音楽と同じだと思ってください。

成績を上げる基本的な勉強法と教材について:中学数学編

具体的な勉強法を記すことにしました。家庭教師としてもここに記した方法に基づいて指導しています。

まずは数学から。

f:id:classroom-sapporo:20170318223617j:plain

日頃の勉強法

ここでは特に復習の方法について記します。

用語や定義などを学ぶことがありますがそれを家庭学習用のノートにまとめる必要はありません。学校のノートにまとめているだけで十分です。

まずその日に習った単元の例題を解く

教科書に記されている解法、あるいは学校の先生が記した解法で解きます。自力で解けなかったなら、あるいは忘れてしまっていたなら、その解法を写してください。絵、図、グラフがあればそれも残らず記すようにしてください。考え方、解答の導き方を身につけるヒントになるからです。数学はビジュアルが大切です。

f:id:classroom-sapporo:20170319202902j:plain

次は教科書の「問い」を解きます。例題に基づいた方法で解きましょう。もちろん、図や絵、グラフ等も活用します。

教科書の問題を解き終わったら学校のワークにとりかかります

教科書準拠のはずですから目次等で該当ページを探し、類題を解きます。できれば直接ワークに書き込まず、家庭学習用のノートに解きましょう正答ならワークに○、誤答なら☓、分からなかった問題には☆等印をつけておきます

f:id:classroom-sapporo:20170318231346j:plain

書き込んでしまうと1回しか使えないことになりますが、それで終わらせるのはもったいないです。2回あるいは3回と繰り返し解いてこそ知識が定着します。繰り返し学習ができるようにしておきましょう。すべてが○になるまで繰り返します。時間がなければ☓、☆の問題を中心に繰り返しても良いでしょう。定期テスト前に初めて書き込む段階に入ります。

ただ、学校の先生からワークの活用法についての指導があるなら、それに従っていただきたいと思います。先生によっては、まめに提出を求められることがあります。テスト前後は提出を求める先生も少なくありません。当然そのときまでに書き込んでおく必要がありますが、その段階に至る自信がなければ最初から書き込んでも良いでしょう。

そのかわり次の段階を必ずこなすことが必要です。

自習用のワークで類題を解きます

たとえば以下のような教材です。

数学が苦手で基礎を固めたいなら、

 

問題量が多く、解答も詳しいものが良いですね。塾教材はその点で優れています。類題の量が多く、良いトレーニングになります。どんな問題集が良いかわからないときは、塾か家庭教師の先生にきくと良いでしょう。

解くときは必ずノートに解きましょう。書き込んではいけません。学校のワークと違って提出の必要はないからです。正答に○、誤答に☓、分からなかった問題に☆印をつけるのは学校のワークと同じです。

毎日の家庭学習のときはもちろんのこと、定期テスト前あるいは学力テスト前に活用しましょう。

ノートの記し方

無地か方眼のノートをおすすめします。ビジネスの世界では方眼はかなり人気がありますが、学生の間でも人気は上がっていますね。

 

わたしはルーズリーフは勧めません。家庭学習のときに差し替えの必要はまず生じないからです。なくしやすいですし。リングノートもNGです。右利きは左ページが、左利きは右ページが書きにくいからです。気になって集中できません。とにかくトレーニングのためのノートなのですから、シンプルでいきましょう。(ただし、学校のノートは学校の先生の指示に従って欲しいと思います。)

具体的な使い方

はじめに日付、教科書や問題集のページ数を記しておきます。いつ習ったかを確認できると、テスト範囲の確認に役立つでしょう。

計算の記し方

計算は縦に式をつなげていきます

f:id:classroom-sapporo:20170319195730j:plain

横に続けたくなりますが、縦に続ける習慣を身に着けましょう。このことは教科書の最初のほうのページにも記してあると思います。計算の順序の確認をすることができますし、どの計算でどの結果が出たのかを確認できます。

頭のなかで計算したほうがかっこいいと思って妙な省略をする人がいますが、間違いのもとです。長くなってもいいので、地道に計算を重ねてください。間違いがないのが一番かっこいいのです。

筆算を横に小さく書く人がいますが、それもやめてください。筆算は堂々と記しましょう。小さく、ぐちゃぐちゃと書くのは計算間違いのもとです。

f:id:classroom-sapporo:20170319200804j:plain


分数の計算や小数の計算、四捨五入の仕方などは小学生よりも中学生のほうがあいまいなことが多いです。その計算も堂々と脇に計算しておいてください。学校や塾、家庭教師の先生に確認してもらえます。

グラフや図はフリーハンドでかいてください(作図の問題は除く)。思考のためには、図や絵、グラフを記した方が良いです。ひらめきます。数学の思考には奔放さが必要なのです。そのためにもノートは無地か方眼が良いと言えます。普通のA罫、B罫は書きづらいと思います。きれいなノートは学校のノートで十分です。テストのときはフリーハンドですから、その練習と考えましょう。図形の問題はまず図をノートに書き写しましょう。問題集や教科書に「ちまちま」記すより、自由に思考できます。

丸つけをして正答、誤答の確認

問題を問いたら、必ず赤で○つけをしてください。誤答や分からなかった問題は必ずその原因を追求し、その理由を記しておきます。家庭学習においては正答よりも誤答の確認作業の方に意味があります

f:id:classroom-sapporo:20170319202115j:plain

誤答は消しゴムで消してはいけません。原因がわからなくなるからです。正答よりも誤答の原因を追求し、克服するほうが大事です。すぐにやり直し、正答を導き出せるようにしてください。

色使いですが、カラフルにしても良いとは思いますがあまり意味はない。家庭学習においてはその必要はないと思いますし、カラフルにしすぎるときれいですがどこが大事かがわかりにくくなります。家庭学習用ノートは問題演習用の意味合いが強く、まとめではない、と考えましょう。

成績は確実に上がるが続けるのはたいへん

世の中に絶対はないですがここに記したことは超基本ですから、今まで勉強法がわからず、右往左往していた人が実行するとかなりの好結果が出るでしょう。やってみてください。

ただ、続けるのはたしかに大変ですね。わたしは家庭教師として、この基本を実行できるようお手伝いしています。

kateikyoshi-ys-sapporo.jimdo.com

 

教材についてはさらに調査を重ねて、オススメのものを紹介できるようにしたいと思っています。このブログも更新することになると思います。他教科編も作っていきます。

 

 

生徒募集中です

小・中学校は卒業式weekですね。同時に塾・家庭教師業界では、新規入会キャンペーンが本格化します。

わたしも生徒募集中です。詳しくは右にあるリンク(家庭教師のワイズ-札幌)からどうぞ。

 

まずは、体験授業

いきなり入会を決めずに、まずは体験授業の受講をお勧めしています。生徒さんと家庭教師との相性を確認することも大切ですし、そもそも家庭教師というシステムがご家庭に合うかどうかも確認なさったほうが良いと思うからです。

生徒さんの評価も大切ですが、親御さんの信頼も大切にしています。まずは、わたし自身を見てください、ということです。

授業の進め方、一部始終を見ていただいて構いません。

 

生徒さんの状況説明

体験授業後、生徒さんの学習状況を説明させていただきます。また、今後どのように勉強を進めていけばよいか、どんな目標が設定できるか、どんな教材を使ったらよいか、わたしの所見をお伝えいたします。

生徒さんの成績向上の一助になれば幸いです。

 

とにもかくにも

入会するしないに関わらず、生徒さんの状況を確認するためにも体験授業は有用だと思います体験授業だけで、ご入会は見送った、ということになっても構いません

ぜひ、お試しください。

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ具体的な勉強法を記します

このブログではこれまでの経験談や考え方を記してきました。が一方で、具体的な勉強法はあまり提示して来ませんでした。

もっと「使える」ブログとするために、これからは5教科の具体的な勉強法を提案していこうと思います。

 

コンテンツ

ノートの取り方やまとめ方の具体例などを写真付きで紹介すると役立つでしょうか。

数学では、計算の順序や図形問題の解き方、方程式や文章題の解き方を解説したいですね。英語はノートの取り方が大切ですね。文法のポイントもまとめたいです。各教科紹介したいノウハウがいっぱいあります。

 

しかし、取り立てて新しいことはないかも。

それでもわたしのやり方は、シンプルでスタンダード。愚直なまでにオーソドックス。基礎基本中心です。これが一番大切で、成長の一番の近道、と信じています。それをわかりやすく示したいですね。

 

蛇足

わたしも勉強をしたいと思いました。そこで久々にTOEICを受けることにしました。ずっと以前に受けましたが、スコアは忘れてしまいましたので、仕事にも関係するし、ここはひとつ、挑戦です!!

目標は750点!目標受験日は2017年9月3日(日)に設定しました。

頑張ってみます。

 

追記

具体的な勉強法の記事を幾つか公開しました。

classroom-sapporo.hatenablog.com

classroom-sapporo.hatenablog.com

classroom-sapporo.hatenablog.com

学ぶことはまねることから

説明したのに、次の瞬間忘れてしまう子がいます。説明したとおりにやればいいのに、なぜか違うことをやりだす。

なんでかな?

不思議な思いがします。

 

本人にその気持ちをきいてみた

「どうしてわたしが説明したとおりにしなかったの?」ときいてみました。でも明確な答えは返ってきませんでした。本人もよくわからないようです。つまり、悪気はない。

ただ、こだわりは強いみたいで、自分のやり方に固執しているという感じです。変化ができない。じゃあ、なんで家庭教師付けているんだろう、と思ってしまいましたが。

また、考えていないということもわかりました。直感で解けないと判断しているらしいのです。今聞いた説明が、取り組もうとしている問題にどう関係するかを考えようとしないんですね。

さらに、説明を聞いているときは「うん、うん」とうなずいているのでわかっていると思っていたのですが、めんどくさくていい加減に聞いていることもある、ということもわかりました。

 

対策

それで、とりあえず問題を解く時に考えていることを口頭で説明してもらうことにしました。しゃべりながら解く、ということです。間違ったり、わたしの指示と違うことをやりだしたりする度、わたしがツッコミを入れていきました。すると、自分の問題点とわたしが何を言いたかったのかを少しずつ理解するようになりました。解答にかなり時間がかかることにはなりましたが。

 

重要な段階

理解したことを説明できるというのは、定着のために大切な段階です。これはまめに確認したいことです。

また、自分のやり方に固執する傾向のある人、目の前の先生の説明よりもインターネット情報を信じる人は必ず損をします。自分の問題点を一番理解しているのは目の前の先生です。まずは、素直な気持ちで、アドバイスを受け入れてほしいですね。

学ぶことは真似ることから始まるのです。

 

春期生徒募集中ですが…

ポストに塾・予備校のチラシが入るようになりました。先日、公立高校の入試だったので、その当日くらいからすごい勢いです。

かく言うわたしも生徒募集中です。

 

春期講習会の時期には反応が弱いことも

中3(あるいは高3)が卒業しますので、春の時期に新規生徒を募集します。が、新中3の子の中には、まだ受験生モードに入っていない子も多いので、募集をかけてもまだ反応が弱いこともあります。新中1,2も同様で、危機感なんてこの時期はあまりないですね。

 

でもスタートは早い方が良い

例年の傾向として、部活が終わる6,7月ごろから問い合わせが増えだします(あくまでわたしの場合ですが)。夏期講習から塾に通う、という子も多いですね。

でも勉強のスタートは早いほうが良いですよ。中3の場合、夏期講習で1,2年の復習をしっかりやってテストだらけの2学期に備えますが、夏期講習で間に合えば良いですけどね。夏期講習を受けて初めて全然できていない自分に気づく、という感じだと相当頑張らないと受験に間に合わない。2学期に入ったらみんな頑張り出しますから、追いつくのは大変です。早いうちに自分の位置(力)を確認する意味でも、自分がいかにできていないかを確認するためにも、早いスタート(塾に通うことを決めているなら、入塾)を勧めます。

塾や予備校に通わない方針の人は、せめて休みの時期に行われる模擬テストを受験することをオススメします。このようなテストはいわば「対外試合」になっていい練習になります。また、自分の弱いところが確認できます。さらに、合格可能性がわかると励みになったり、危機感が生まれたりします。独学ではなかなかこの感情は生まれません。この段階は早ければ早いほど良いと思います。

また、内申点(通信簿の評価)を上げるためにも早期スタートを勧めます。内申点は合否判定にかなりの影響を与えます。受験の当日点一発で逆転を狙う、というのは危険すぎます。

新中1,2の子は春休みの時期、苦手をほったらかしにしたり、復習を怠ったりすると、わからないことがますます増えて、大変なことになります。これは脅しでも何でもない、事実です。学年のスタートは大切です。春休みから1学期初めの授業進度がゆっくりの時期に、復習と苦手克服をしっかりやっておくと良いです。今後の勉強がわかりやすくなります。

 

春の時期を大切に

春は出会いと別れの季節。素敵な季節です。

来年の春を素敵な季節にするためにも、今から、頑張りましょう。