読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

英単語や漢字をどうやって覚えるか

英単語 漢字

「手っ取り早く暗記したい…」

「暗記法おしえて」

子どもたちによく聞かれます。面倒くさいんでしょうね。

○○暗記法って確かに世の中にたくさんありますが、どういうわけか受験指導に組み込まれたことないですね。やはり、だれにでも有効な方法ってないんでしょう。人それぞれなんでしょうね。

 

結局、単純。覚えるまで書く。

英単語にしろ、漢字にしろ、書いて書いて、書きまくるしかないのでしょうか。そのとおりですね。では、何回書くのか。覚えるまで書くのです。10回書いて覚えられない人は、20回書いてください。20回書いて覚えられない人は、30回書いてください。

わたしは、次のように勧めています。たとえば、10問の単語を覚える場合、

  1. まずひととおり、覚えたと思えるまで練習。
  2. 1回テストしてみる。
  3. 間違えた単語を、覚えたと思うまで練習。
  4. またテストしてみる。
  5. 間違えた単語を、覚えたと思うまで練習。
  6. またテストしてみる。
  7. 10点満点をとれるまで、繰り返す。

こんな感じです。何の変哲もない方法ですが、自分が覚えたことを何度もテストしてチェックするのが、ミソですかね。それでも、なんてことない方法ですよね。ブログに書くまでもないですね、すみません。結局、何度も書いて覚えるしかないんです。

あと、書く時声に出して、単語を読みながら書くことを勧めています。五感を刺激しながら書くと覚えやすいです。

 

記憶力の悪い子っているのか

わたしは覚えが悪い、といって、冒頭に記したように「手っ取り早く暗記したい…」とか「暗記法おしえて」という子はたいてい、覚えるまで書いていません覚える前にその努力をやめています覚える人は、覚えるまでやっています記憶力の差というより記憶しようとする努力の差です

その努力を続けると、だんだん少ない時間で覚えられるようになってきます。脳が鍛えられてくるんでしょうかね。特に英単語などは、発音を聞いただけで、スペルがわかるようになってきたりします。

だから、「四の五の言わずに、まずやんなさい!」と生徒たちには言っています。それでもやらない子はいつまでたっても、受験直前まで単語練習です。

 

それで、結論。

手っ取り早い記憶法?そんなことを考えている暇があるなら、一つでも単語を覚えなさい。それが、記憶力を高める一番の方法です。