読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

かけ算の順番

かなり前になりますが、小学校の先生が

「2x3=6は正解だが、3x2=6は不正解」

としていることについて問題提起している方がいて、その意見について賛否両論飛び交っていました。

わたしもいろいろ考えてみましたがわたしも

「2x3=6は正解だが、3x2=6は不正解」

にしてしまいますね。

 

どちらも答えは同じだけど

この話を聞いたとき、この意見は小学生に算数を教えたことのない人の意見なんじゃないかな、と思ってしまいました。かけ算を教えるときは、まずかけ算の意味を教えます。かけ算の意味が「わかりたて」の子どもに、かける順番はどちらも同じ、ということを説明するのは意外と難しいです。

それに、わたしには重視したいことがあるのです。それは、数学は論理の訓練であり、コミュニケーションの訓練である、と考えているからです。

 

絵とことばの式

文章題を解くとき、わたしは絵をかかせますが、そのあとことばの式を書いてもらいます。教科書や参考書にも書いてありますが、

(ケーキ一皿2つ)×(3皿)=(全部のケーキの数)

のような式です。これが表現できると、式を作りやすくなります。これを大切にしたいんですね、わたしは。だから、かけ算の順番は、答えさえあっていれば逆でも良い、とは思えないんです。プロセス重視のわたしの方針には相容れません

だから、かけ算の順序を逆にした式に☓をつけた先生の気持ちもわからないことはない。わたしも☓つける、かも。

 

数学の本質

これは国語や生活科に関係する考えであって、純粋な算数(数学)を教えるなら、どちらも正解にすべき、という意見もあると思いますが、うーん、なんだか納得行かない。これは国語や生活科ではないと思うんですよ。れっきとした算数、いやこれこそ数学なんじゃないかな。そもそも、国語と算数って非常に密接だとわたしは思っています。先日のブログの内容とも関係していますが。

 

考えれば考えるほど

教育現場で働いている学校の先生はこの議論をどう思っているのでしょうか。子どもたちの理解のスピードはまちまちですから、みんなにわかりやすく教える、というのは本当に難しい。その気持ちから、「2x3=6は正解だが、3x2=6は不正解」という方針が生まれたのではないか、とわたしは感じます。どちらも正解にするのは、もうすこし理解が進んだあとでも良い、と考えたのではないでしょうか。

「正しいことは何なのか」わからなくなってきました。尾崎豊さんの歌のようです。

今日のブログは支離滅裂です。わたしも数学の勉強が足りないです。

「むずかしいことをかんたんに教える」ことは「むずかしい」