読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

理科のすすめ

中学生に理科を教える機会が結構あります。

この教科、わたしは得点し易い科目だと思います。はっきり言って、おいしい科目です。

なぜそう思うのか。

 

覚えることは社会ほど多くない

生物分野などは覚えることがありますが、社会ほど多くはありません。図や写真と一緒に覚えることも多く、その分イメージしやすいと思います。ぜひ、絵や表をかきながら、覚えてほしいです。

 

計算は数学ほど難しくない

物理分野、地学分野などでは計算が出てきますが、これも数学ほど難しくありません。小学生の算数で対応できます。ややこしそうに見えますが、小数計算など基本的な計算ばかりです。また、気象の湿度の計算、物質の密度の計算、オームの法則の計算など、そんなに計算力は要らないです。

 

いろいろな単元がある

「覚える系単元」「計算系単元」などいろいろな単元があるので、不得意単元があっても得意単元を作っておくと、それでカバーできます。入試ではたいていどの単元もまんべんなく出題されますので、全部ダメだった、ということにはなりません。得意分野の問題が必ず出てきます。

 

苦手意識があるならまずは一つの単元を確実に

苦手意識のある子には、まず「覚える系」(生物分野など)に取り組むことを勧めています。「計算系」は後回しでいいです。

得意な人は満点を狙ってほしいですが、実験や観察の問題などで長文の問題がありますので「慣れ」が必要ですね。