プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

ゴールデンウィークまでは復習をしっかり

4月の学校の授業進度は超スローペースです。中3は学校によっては修学旅行があり、その後休息日があり、やっとまともに授業が進むかなと思ったらゴールデンウィークです。

この時期を活かせ

新学期は教科書が新しくなったり、新入生が部活に入ったり、先生も代わったりと環境の変化が著しい時期です。ということは心機一転できる良い時期でもあります。気分の良いうちに、勉強を軌道にのせておきたいところです。しかも学校の授業進度は遅い。これはチャンスです。

やるべきこと

まずは前学年の復習です。特に中3は1,2年の復習をしましょう。

中3の復習すべきこと

・英語:数字、月、曜日、代名詞等、基礎単語の確認。 不規則動詞の変化の確認。(学校のワークにまとめられているはずです。)

・数学:とにかく計算。文字式の計算。1次方程式、連立方程式

・国語:漢字。(学校のワークにまとめられています)

・理科:物理、生物、化学、地学のうちどれか苦手の分野一つに取り組みましょう。

・社会:理科同様単元を絞ります。世界地理、日本地理、歴史(古代から鎌倉)、歴史(室町から江戸)のうちのどれか。

ゴールデンウィークが明けたら、学校の進度にしっかりとついていってください。まずは通信簿の評価を上げることが大切です。北海道の中学生の皆さんなら、ランクを上げることを意識してください。

忙しいとは思いますが

中3は部活の集大成の時期でもあって忙しいとは思いますが、ここで差をつけたいところです。大切なのは勉強したことの内容が頭に入るかどうかよりも、受験モードのスイッチが入るかどうかです。早くスイッチをオンにできた人は有利ですよ。