プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

テストが返ってきたら確認しよう

f:id:classroom-sapporo:20170619162205j:plain

テストが返ってきたら、確認します。何を?

テストの結果

当たり前ですが、各教科、5教科合計等テストの結果を確認しましょう。たまに、「何点だった?」ときくと「わからない」と答える子がいますが、とんでもないことです。自分の力を把握しないで、目標達成はありえません。

これまでのテストの結果と比較して、どの教科が良くなったのか、悪くなったのか、確かめてください。学校によっては平均点や偏差値等を計算してくれていると思いますので、それらを活用しましょう。

テストの解き直し

どんな結果であっても、ひと通り解き直してみることをおすすめします。間違いは、原因を追求して、理解して、正解できるようにしましょう。正解だったところも、もう一度解いてみてください。勘で解答し、たまたままぐれで正解した、というところもあるかもしれません。ラッキーだった、で済まさないで、しっかりと自分の知識にしてください。

受験生の人は、間違えた問題と解答をノートにまとめておくことをおすすめします。それは自分の弱点ノートになり、復習する時に一番効率よく勉強できる自分専用の参考書になります。

基礎を確認

テストが終わると、中体連の大会が本格的に始まって、部活動をしている人は落ち着かないかもしれません。まとまった勉強時間がとれなかったり、集中できなかったりしますよね。そんなときはトコトン基礎を勉強しましょう。数学の計算、英単語、漢字練習などは、短い時間でも取り組めますし、効果もあります。うすい問題集を活用してもいいですね。忙しい時期を有効に活用しましょう。