プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

最後の夏を大切に

f:id:classroom-sapporo:20170712163707j:plain

受験生は最後の夏を大切にしてほしいですね。

まとまった復習の最後のチャンス

夏休みが明けると、定期テスト、学力テスト、模擬テスト、色々なテストが連続します。その都度、そのテストのための勉強をすることになります。ですから、自分の弱点の単元など、自分が本当に勉強したいことをまとめてする時間はなくなります

テストを夢中で受けているうちに、いつの間にか入試本番がやってきます。個々のテスト対策が受験勉強になる、という仕組みになっているので、必死にテスト勉強をしていけば良いのですが、それでも弱点や曖昧な点をなんとかしたいと思いますよね。

だから、まとまった時間のとれる夏休みの時期が大切なのです。

とにかく基礎確認

今の時期、何をすればよいのかわからなくなっている人がいると思います。塾の夏期講習に行く人はそれを真面目に受講すると良いと思いますが、その他にできることとして。

英語:

まずは英単語。これをまとめて確認するチャンスです。ネットを検索すると、受験英単語をまとめたサイトや無料プリント教材がヒットします。是非活用してください。動詞の過去形、過去分詞、曜日や月の呼び方など基礎単語は迷いがなくなるまで完璧に。

加えて、夏休み用の基礎的な文法問題集を1冊やりとげましょう。できれば2回繰り返したいところです。

数学:

夏休み用の問題集を用意します。まずは計算演習を毎日やりましょう。計算プリントはネットで検索できます。

方程式の文章題や図形などに苦手単元がはっきりしている人は、それに特化した問題集がありますので、それをぜひ使ってみてください。

基礎の繰り返しと、苦手単元を中心に。

国語:

漢字練習は必須です。これはおいしい得点源です。漢字の問題集をやっておきましょう。

文章題等は夏休み用問題集をすべてこなしておくと良いですが、毎日コツコツ解いてなるべくたくさんの文章に触れて、解き慣れていくようにすることをお勧めします。1日2問解くと60-80問近く解くことができます。

理科:

これも夏休み用の基礎問題集を解くことをお勧めします。

加えて、生物分野や地学、化学の分野で覚えておくべきことがありますが、それらをまとめて覚えるようにしましょう。元素記号や化学式、火成岩の種類、気体の性質などです。

社会:

地理、歴史とも基礎をまとめたプリントがネットで検索できます。活用してください。

白地図を使って47都道府県、県庁所在地、主な河川、山脈、工業地帯、漁港、世界の国々、首都、造山帯、河川、山脈などをしっかりと確認しておきましょう。

歴史は年表を自作して流れを確認しておきましょう。年表は教科書に付いていますね。

プラスα

全科に共通しますが、基礎問題が終わったら、学力テストや模擬テスト(北海道であれば道コン)の過去問をまとめた問題集に取り掛かっても良いでしょう。入試問題に近いレベルの良問が載っています。夏休みから始まる「テストの嵐」に備えることができるでしょう。

まとめ

勉強の仕方、内容は人それぞれですが、夏が復習の最後のチャンスであることは共通しています。この時期を有効活用して下さい。部活動に忙しくしていて、これまでほとんど受験勉強をしてこなかった人は、部活で鍛えた集中力を発揮して、受験勉強にエネルギーをつぎこんでください。。