プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

一生モノの勉強法

f:id:classroom-sapporo:20180313210349j:plain

志望校合格は素晴らしいことですが、それがすべてではありませんね。当たり前ですが。その後が問題です

高校に合格した後、雪崩のように成績を落としていく子がいます。もちろん、成績を順調に伸ばしていく子も大勢います。この違いはどこにあるのでしょうか。

高校入学後の成績不振

せっかく志望校に合格したのにその後成績を落としていくその原因は何でしょうか。先生によっていろいろ意見はあると思いますが、私はその一つとして「塾で教えられたとおりでしか勉強ができない」ということがあると思います。つまり、非常に受け身の態度でいつも授業に臨み、課題が与えられるのをトコトン待つことに慣れきっている、ということです。優秀な塾は合格プランをしっかり練ってくれますから、いわば間違いのないレールを志望校まで敷いてくれているので、その上をしっかり進めば合格します。これはこれで良いのかもしれません。が、合格後はどうなるかというと、レールのない状態にぽつんと立たされるわけですね。これは迷います。

高校入学後しばらくはそれまでの知識のストックでやっていけますが、徐々に周りが成績を伸ばしていきますし、自分の知識も枯渇するうえ、ろくな訓練もやっていないとなると、あっという間に成績は下位に…ということになります。こういう例は枚挙にいとまがありません。

中学時代にどんな勉強をしておくべきか

そうならないためにはどうすべきなのでしょうか。やはり「能動的な勉強習慣」が必要であると私は思います。私は子どもたちが「自分で計画を立て、自分で理解し、自分で解く」ということを大切にしているつもりです。指導前今日は何をするのか、どこがわからないのか、宿題はどこにするか、を子どもたちに考えさせるようにしています。足りない部分はもちろんアドバイスします。それを続けると、子どもたちは勉強に迷いがなくなってきますし、宿題を怠けることはなくなります。自分で与えた課題だからでしょう。

やがて、テストの成績が上がるなど成果が目に見え始めるとますます、良い勉強習慣がついてきます。これで間違いないのだという自信もついてきます。

この勉強の態度や習慣は、一生モノになります。志望校合格後、入学後も成績が落ちません。社会人になっても、です。自分なりの勉強のノウハウがわかっているのです。

能動的な勉強にどうしても取り組まない子もいる

頑なにこの「能動的な勉強」をしようとしない子もいます。

だれでも最初は、先生が計画を立て、先生が勉強の仕方を示し、先生が解き方のお手本を示し、先生が1問1問解説しなければなりませんが、やがてこれらのプロセスを自分でできるようになります。ところが、いつまでも先生にすべて頼りっきり、という子がいるのです。そういう子は理解が進みません。同じ説明を何度もすることになります。先生も生徒も、お互い疲れます。結局「予想問題」なるものに頼り、一発逆転で良い点をとろうとします。でも世の中そんなに甘くないですよ。「予想屋」みたいな塾の問題を解くことで中学時代のテストをのりきったとしても、塾は一生通い続けることはできません。やがて卒業しなければならないのです。その後どうするのでしょうか。

どうしても能動的にならない子には勉強の意義や志望動機の確認をします。勉強に「受け身」である理由、消極的である理由を理解しなければなりません。もし、お子さんにそんな態度が見られるなら、「勉強しなさい」と叱る前に、この点を親子で話し合ってほしいですね。

志望校合格はあくまでも里程標

出会った子どもたちには、志望校合格の目標を叶えてほしいですが、それ以上に勉強に対する正しい態度や一生モノの勉強法を身につけて欲しいな、と思っています。大学生、社会人になっても勉強は続くのです。

塾を卒業した後も、私と一緒に学んだ経験をどこかで活かしてくれれば、それほど嬉しいものはありません。

かつて似たような記事を書きました。

 

classroom-sapporo.hatenablog.com

 私の家庭教師・個別指導塾です。

classroom-ys-sapporo.jimdo.com

お申込みの際「ブログを見た」とおっしゃっていただくと家庭教師の授業料を割引させていただいています。(塾にも特典があります。)