プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

謙遜で素直な子は成績が上がる

f:id:classroom-sapporo:20180528183835j:plain

先生のアドバイス謙遜に素直に聞き入れることのできる子は、成績が上がりやすいです。頑固は、上達の最大の敵です。

いろいろ言い訳 我流を通す子

特に「計算が雑」とか「漢字が正確に書けない」「文章の表現が稚拙」といった問題のある子には、ゆっくりていねいに書くことや、計算や思考の過程、間違った理由を記しておくように言うのですが、中には聞き入れようとしない子がいます。「めんどくさい」が主な理由です。

そういう子に限って、同じ間違いを繰り返してしまって解き直しとなり、結局、めんどくさいことになっています。めんどくさかったら、最初からていねいに取り組んで、一発で正解すればよいのにと思います。

謙遜で素直な子はみるみる上達していく

下の写真は私の塾のある生徒さんのノートです。

f:id:classroom-sapporo:20180528181541j:plain

この子は春期講習のときは、分数や小数の計算がまともにできない有様で、本当に心配しました。ですが「学ぶ姿勢」がしっかりしていましたので、注目していました。指導したとおりに、忠実に真似して解いていくのです。謙遜で素直だと思いました

当初は自分の頭の中で計算しようとしていましたのですが、まずは途中計算を確実に書くことを指導したところ、素直に聞き入れ、正答率がどんどん上がっていって、今、上の写真のような状態です。もうすぐ定期テストですが、今後が楽しみです。

上手な計算の要領というものは確かにありますが、それよりもまずは確実な計算を勧めています。

成績は学ぶ姿勢と関係がある

学ぶからには、教えてもらうことに対して素直でないと、吸収できないですね。当たり前ですが。我流で大成するのは、ごく一部の天才でしょう。そして、天才は塾には来ないでしょうね。

成績が振るわない人はぜひ、自分が教えられたことをどれほど忠実に行えているか、確認してください。出された課題は全部こなしていますか。先生の指導のとおりに問題を解いていますか。めんどくさいことに進んで取り組んでいますか。

まずは先生に言われたとおりに、謙遜に素直に取り組んでください。それだけで問題が解決することがあります。