プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

定期テストの成績を上げよう

f:id:classroom-sapporo:20180528212526j:plain6月には、中学校・高校で定期テストが実施されます。それで私の塾では、6月1日からテスト対策週間に入ります。

まずはテスト範囲の確認と計画

今日(2018年5月28日)現在で、早速テスト範囲表が配布された学校があります。すぐにテスト範囲を確認しましょう。教科書、ワークを開き、どこからどこまでを勉強すべきか付箋を付けたり、目次に印をつけたりして、分量を確認してください。

そして、これから約2週間、どのくらいのペースでこなしていけばよいかを割り算して算出し、計画表に書き込んでいってください。その際、学校行事も考慮してください。これから、宿泊学習や体育祭、中体連等がある学校もあります。その時は分量を少なくし、遅れる分は前後の日に割り振るなどして、ペースを保つ工夫をしましょう。

教科書と学校のワークがかなめです

特に定期テストは、あちこちの問題集に手を広げる必要はありません。テスト範囲にある、教科書とワークの問題をひたすら解いていってください。学校の先生が提出を要求すると思いますが、そのためだけに1回解くだけで済ませる人がいます。1回で全部解けるようになったら、すごいことですが、そんな人はめったにいません。2回、3回と繰り返して全部完璧だ、と言えるまで徹底的に取り組みましょう

学校のワークに一定のめどが立ったら、その他のワークに取りかかってください。

予想問題に取り組む

最後に、塾などで配布される予想問題やワークに織り込まれている予想問題をやってみましょう。時間がかかる単元や苦手が明らかになるかもしれません。その単元を教科書や学校のワークで確認しましょう。

私の塾の対応

私の塾では、ほぼ上記のやり方でテスト対策をしています。率直に言って、なにか目新しい方法があるわけではありません。が、これで十分だと自負しています。はっきり言って、家庭でも可能なカリキュラムです。が、いざ実行となると、難しい。そのために塾がある、と思っています。

2018年6月1日(金)から定期テスト対策指導を実施します。札幌市平岡中央中学校、北野台中学校等、清田区厚別区の中学校の生徒さんを中心に指導しています。ご相談を承っています。

classroom-ys-sapporo.jimdo.com