プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

定期テストに向けてみんな頑張っています

f:id:classroom-sapporo:20170428113421j:plain

いよいよ定期テスト対策週間も大詰めとなり、生徒たちはみんな頑張っています。

塾にこもりっきりの生徒も

当塾では、定期テスト対策週間に入ると席がある限り「いつでも塾に来ていいよ」と呼びかけています。いわゆる「自習室開放」ですね。追加料金等はありません。無料です。

もちろん、質問は随時受け付けます。勉強の内容は、生徒たちが計画したものになることがほとんどですが、必要なときはこちら側がその日の勉強の計画を立てます。

感心なことに、みんなすすんで塾に来ます。「早めに来ていいですか」とか「〇〇時までいていいですか」など、嬉しい申し出があります。積極的になってきました。夕方早くから、夜まで塾にこもる生徒もいます。

生徒によっては、下のような教科書と学校のワークと塾のワークの進行表を作り、どこまで進んだか俯瞰できるようにしています。

f:id:classroom-sapporo:20180611203015j:plain

疑問点はすべて解決

5教科対応できますので、どんな質問も受け付けています。だから、もし疑問点があれば、教科担当を気にすることなく、すべてスピーディーに解決できます。それが当塾の良いところだと自負しています。

教材は学校のワークでも塾のワークでも通信教材でもOKです。疑問点は塾で全部解決しましょう。

受け身の講義ではなく自分の力で解く演習をメインに

テスト前はとにかく演習中心です。「自分の力で解ける」ことを確認しないと、テスト対策にならないからです。

苦手単元等は随時講義していますが、基本みんな黙々と解いている、という感じです。いい集中力で、テスト前なのに私はあまり忙しくありません。ほぼほぼオートマチックで授業が進んでいるからです。2,3の指示を与えれば、あとは何も言わなくてもみんなやるべきことがわかっているのです。

勉強をしている生徒を見てみんな刺激をうける

テスト勉強というものを理解していない子がいたのですが(特に中1)、周りの勉強をしている生徒を見て「テスト前はこのくらい勉強しなければならないんだ」「成績のいい人はこのくらい一生懸命しているんだ」と刺激を受けて、取り組む姿勢が変わってきました。

個別指導塾は1コマの生徒数が少ないため、他の生徒との競争心を刺激することが難しいのですが、テスト前は生徒数は限定されるものの長時間ともに勉強することになるため「意識改革」の良い機会となっています。

今週末定期テストです

いい雰囲気になってきました。みんな頑張れー!