プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

定期テストが終わり、夏期講習が始まる

f:id:classroom-sapporo:20180313210349j:plain


みんな一生懸命頑張った定期テストが終わり、結果も出そろってきました。

コツコツと頑張ってきた子に成果が現れてきた

先回の記事にも書きましたが、中学1年生の生徒の中には、初めての定期テストということもあり、どのようなテンションで臨めばいいのか、よくわかっていなかった子もいました。エンジンがかかるまで苦労しましたが、なんとかそれなりの結果を出してきました。一時はどうなることかと心配しました。

中学3年生はさすがに気合いが入っていましたね。このテストでいい点を取るんだ、という気迫が伝わってきました。何も言わなくても計画を立てていましたし、実行進度をきちんと確認していました。正直遅れ気味で心配でしたが、なんとか間に合ったみたいです。

この生徒は中2の半ばから指導してきました。中2の最初の定期は5教科500点満点で340点ぐらい。次は350点台。その次は360点台とじわじわと上昇。本人も力がついてきたと実感してきたところでした。そして今回の中3最初の定期では、なんと410点超えの大ブレークとなりました。どちらかというと易しいテストではありましたが、それでも初の400点超えは立派です。大いに自信になると思います。良かった、良かった。

夏期講習が始まる

夏休みに入ると夏期講習が始まります。1学期の総復習が中心になりますが、中3はもちろん、中2にも前学年の復習に取り組んでもらおうかと思っています。特に英語、数学は知識の積み重ねが必要な教科ですが、不得意な子は前学年の単元の理解度が曖昧で、それを引きずっているために、今の学年の単元が理解できない、ということがあります。夏のこの機会にすっきりさせてほしいですね。

募集中

塾外生の参加を募集しています。当塾は札幌市清田区平岡、北野、厚別区大谷地の方は通いやすい位置にあります。お問い合わせはこちらまで。