プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

小学校5年生が準備期間1ヶ月で英検準2級の1次試験に合格しました

f:id:classroom-sapporo:20170605222339j:plain


当塾の小学校5年生(男子に国語と社会を教えていたのですが、1ヶ月前に英検を受けることになったので指導してほしいという依頼があり、お引き受けすることにしました。果たして間に合うのか、そもそも小5で合格できるのか、不安がありましたが見事に合格しました。

生徒の背景

先述のように普段は国語と社会を指導するのみで、他の教科は他の塾で指導を受けています。英語に関しては、小学生英語を小1から習っています。準2級に挑戦する、ということですから、3級は取得していました。

英語の実力

最初の指導日に、家で解いてみたという過去問2回分の結果を見せてもらいましたが、50-55%くらいの出来でした。読み取りやすいときと読み取りにくいときがあるようでした。単語力が不安定なんですね。

3級を持っていると言っても、基礎は全然できていない、との親御さんの話があったので、実力を確かめようと一緒に過去問を分析しましたが、「現在進行形」「完了形」や「不定詞」などの文法理解はおろか、その用語すら知らず、少し驚きでした。

小学生英語では全くの基礎しか習っていないようです。英語のレベルは中学校1年生レベル、という感じでした。

戦略・作戦

さてどうしたら良いものか、と考えましたが、中学校の基礎から教えていく時間はないので、文法の説明はほどほどに、とにかく英検のテストの形式に特化した作戦を立てました。英語を理解することを目指すのではなく、英検の合格のみを目指し、パターンに慣れることを目指すわけです。

といってもなにが特別な作戦を立てたわけではありません。旺文社の参考書を忠実に使っただけです。ただ、この「忠実に」というところがポイントです。

まず「DAILY20日間 英検準2級 集中ゼミ」という問題集をやり遂げることにしました。文法説明はそこそこにして、問題演習に徹しました。また、単語や熟語はその問題集に出てくる単語で単語カードを作り、覚えるようにしました。リスニングも付属CDを活用しました。英作文対策もこの本の指示通りに練習しました。旺文社の本は英検の問題や解き方の戦略を教えてくれていますので、これを実際の試験でも適用できるよう訓練した、という感じです。

手を広げることなくこの本と心中するつもりで、この本の言うとおりにやりました。すべてを2回繰り返したかったのですが、2回目は単元をセレクトして進めました。

単語力に不安がある子だったので、「でる順パス単」を使いたかったのですが、時間がなかったので、それはあきらめて「集中ゼミ」の単語にしぼりました。

最後の1週間は過去問を3回分を2回ほど繰り返し、パターンを体に染み込ませました

結果

 英検CSEスコア

Reading:438(正答率54%)  Listening: 439(正答率57%) 

Writing: 523(正答率88%)  1次合計:1400

合格基準1322でしたので、少し余裕があったように見えますが、実際はReadingとListeningは合格者平均を下回っていまして、Writingの思いがけない高得点で逆転勝利、という感じです。でもそれは「集中ゼミ」で書き方をしっかりと訓練した成果だと思います。

このたびの指導の感想

Writingで高得点を上げる、ということは全く予想してなかったので、そこは驚きました。しかし考えてみると、英作文はこなれた文よりも、やさしい文法で慣れた単語を使って文章を作り上げていくので、乏しい単語力でもなんとかなるのかもしれません。

それでもやはり単語力の大切さがわかりましたし、単語力があればなんでも易しく感じます。逆に単語力がないと、簡単な文法説明も難しく感じてきます

このたびはテクニック的な面を指導して合格しました。が、英語の技量はまだまだです準2級合格自体はすばらしいことです。並大抵ではできないことです。ですが真の英語力があるとはまだまだ言えません。この生徒には、改めて英語をじっくり学んでほしいなと思っています。