プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

春の勉強と春期講習

f:id:classroom-sapporo:20170623165328j:plain

先日、北海道の公立高校の入試が終わりました。みんなどうだったでしょうか。実力は出せましたか。とりあえず、終わってホッとしましたね。

受験生でない中1,2の生徒は、この時期何をすれば良いでしょうか。

1年間の復習をしよう

3月からしばらくは定期テストがありません。しかも学校の宿題も出ない(少ない)ので、自分でまとまった復習ができます。それで1年間の復習をすることをお勧めします。といっても、1年分すべてを復習するのはなかなか大変なので、教科・単元等を絞っても良いですね。例えば、

①数学・英語にしぼる:特にこの2教科は前学年からの積み上げが必要な科目なので、曖昧な点は解決しておきましょう。教科書レベルの基礎的な問題で良いので、もう一度解き直してみましょう。

②理科・社会の苦手単元に取り組む:理科や社会の特定の単元に苦手意識のある人はこの時期にまとめ直してみるのも良いですね。特に理科の計算が関係する単元は早めに対策を取っておいた方が良いですよ。理科の計算は小学生レベルのはずなので、本来は難しくないはずなんです。落ち着いて取り組んでみましょう。

定期テストのやり直し:このブログの以前の記事でも取り上げたことがありますが、定期テストのやり直しは手っ取り早い復習法です。忘れてしまった単元や間違った問題を確認し、教科書などで時間をかけて復習しましょう。

塾の春期講習を活用し、模試を受ける

塾の春期講習では、大抵は1年間の復習をしますので、それを活用しても良いですね。そして、講習のまとめに模試を受けて「現在地」を把握しておくのも良いと思います。1年間の「刺激」になりますね。

私の塾でも3月下旬から春期講習を開講する予定で、現在生徒を募集しています。

classroom-ys-sapporo.jimdo.com

この時期を活かして、来年度のスタートダッシュにつなげて欲しいと思います。