プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

移転しました。

アパートの一部屋を教室にして授業をしていました。が、戸建てに移転しました。近所です。

少し広くなりました

最初は2−3名の生徒だったので、アパートの一室でも十分だったのですが、現在は10名を超えていまして、さすがに手狭になりました。個別指導なので、いっぺんに10名が来るということはありません。普段は時間を割り振って、一コマ3−4名までに抑えています。ですが、テスト前はみんな塾に来てしまいますので、ある時は8名がアパートにごった返し、いっぱいになってしまいました。

このままでは生徒たちがかわいそうで…。もう少し広い教室があれば、しかもご近所に迷惑をかけない戸建てがいいな、と考えていました。それで、ついに物件を見つけ、移転に至りました。

集中できる環境に

ある程度の広さがあると、落ち着きが出ました。静かな教室で、集中して勉強できます。自習希望者も受け入れることが可能になりました。あと、2−3名は新規生徒を受け入れることができます。私はDIYが趣味なので、ツーバイフォーやワンバイフォーの材木を使って、机を自作しました。

私は新教室がとても気に入ったのですが、生徒たちはどうなのかな。意外とクールな反応で、今までと変わらない態度で勉強しています。「わあ、広い」と感激してくれると思ったら、そうでもなく。ま、勉強しているので、それはそれでいいのですが。

6月の定期に向けて

6月はどの中学校でも定期テストが実施されます。それに向かって、しっかりと準備したいものです。私も心機一転、頑張りたいと思います。