プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

学校に行けないので勉強できないってことはないだろう

コロナウイルス対策のために休校措置をとっている自治体が増えていますね。今年、学校教育はどうなってしまうのでしょうか。

f:id:classroom-sapporo:20200413145911p:plain

それでもやることは変わらない

学校で授業を受けることができないのは確かに辛いですね。5教科はもちろん実技4教科も必要です。それがないのはストレスがたまります。大変です。

ただ、5教科についていえば、教科書はありますし、参考書、ワークの類はすでに家にあるでしょうから、休校だから勉強ができない、という理屈は通らないはずですね。その上、ネット社会の今日、勉強しようと思えばネットでいくらでも資料を見ることはできます

授業の先取り、つまり予習するというのはちょっと大変という人は少なくないと思いますが、今持っている教材を使えば復習はいくらでもできますね。世の中大変な状況ですが、部屋にこもって堂々と勉強に打ち込める最高の時期(不謹慎な表現ですが)とも言えます。

この状況は公平である

また、外出自粛や休校等で不安を感じたり、ストレスの溜まる思いをしているのは自分だけではない、学校のみんなも、同じ時期に受験するみんなも、いや世界中の学生も同じです。公平に臨んでいる状況ですね。であれば、これはハンデではない。この状況をいかに乗り越えるか、は「すべての」学生に課せられた課題となっています。休校で勉強できず心配だ、と感じているのは自分だけではない、みんな、なのです。

ですから、この状況でも言い訳せずに、とにかく今までの勉強を続けること、休校でなければ勉強したであろうことに、自分なりで良いので、しっかりと取り組むことが大切です。そして、それができればOK、と割り切って結構です。今は異常事態です。高望みは禁物です。

大切なのは勉強時間と勉強習慣

この状況は特殊なので、何か特別な教材でなんとかしなければ、と思わなくても結構です。この状況では、わたしは勉強の内容よりも、勉強の時間の確保、勉強習慣の維持の方が大切だと思います。一度解いた(簡単な)ワークを解いて復習する、教科書を読む、漢字を練習するなど、単純な勉強で良いので、それを続けていくのです。勉強の良い習慣を保つことができれば、この状況が収束したとき、すぐに「日常」に戻れます。

とにかく、今は異常事態です。(生活も精神も)普通を保てればよし、という状況です。あせりは禁物。まずは理性的に対処しましょう。