プロ家庭教師の考える「力のつく」勉強法

札幌のプロ家庭教師が、これまでの指導経験と勉強法に関する考えを公開します。

休校中は勉強が捗る

臨時休校は本当に大変でしたね。学校に行けないってリズムが狂います。行事の多くが中止か、延期になってしまいました。

f:id:classroom-sapporo:20200622181651j:plain

休校中の勉強は捗りましたか

報道を見ると、休校中大量の宿題に追われて大変だったという学校があったようですが、何をやればよいのかわからない、というよりは良いような…。私の周りの子供たちは、教育委員会がネット上で用意した課題を一生懸命やっていました。やることが明確であれば、それをやるのみ、ですね。

思いっきりペースを上げた子も

とはいえ、課題が明確でもやらない子はやりませんね。ゲームばっかりしていた子も少なくありません。私の塾はオンライン授業をしていて、宿題も出したのですが、いつまでたってもやらない子がいました。ゲーム三昧だったみたいです。オンライン授業の時は勉強していましたが、勉強はその時だけだったのでしょう。

事実、休校中に課題が出ていたものの、結局、学校は最初から授業しています。「ここまでは宿題でやったはずだから、次に進みます」ということはありません。ということは、休校中ほとんどの子は勉強できないだろうな、と学校は思っていたのでしょうね。その前提は正しいと思います。

ただそれでも、この間に、というかこの隙に、勉強を捗らせた子もいます。この3か月で1年分の英語をすべて終わらせた子、1年分以上の理科・社会を終わらせ、数学も半年分進んだ子、などがいます。

そこまでいかなくても、大部分の生徒は学校進度よりかなり進んでいます。学校の授業についていくうえでアドバンテージになるでしょう。

今年は、行事や部活動が軒並み中止や延期となってしまいました。残念なことでしたがその分、集中でき、体力にも余裕が持てる上、生活全般が自分のペースでやれたので、思いっきり勉強することができたようです。このペースを保てば、受験期やテスト前に余裕ができます。

できれば1学年先ぐらいまで進めたほうが後に楽になります。余裕をもって、クラス1位、学年1位を目指せますよ。これは本当です。

この時期をいかそう

今後、コロナの第2波、第3波が来るのか、その時またもや休校となるのかわかりませんが、少なくともこの状況はデメリットだけではない、うまく活用すれば、最高の時間を過ごせます。すべては、本人次第です。